APEC Summit 2018開催のため1ヶ月間VISA ON ARRIVALは発行されません

公開日 : 2018年11月01日
最終更新 :

ハロー、ユーカベリーです!

いよいよ11月12日より、パプアニューギニア・ポートモレスビーでAPEC(エーペック=アジア太平洋経済協力)会議が開催されます。

APECは、アメリカや日本、オーストラリア、中国などアジア太平洋地域の21の国と地域が参加する経済協力の枠組みであり、今回会場となるパプアニューギニアではこのAPECのためにインフラの整備や会場の準備が行われてきました。

APEC会議は、11月12日〜18日までポートモレスビーで行われる予定です。

このAPEC Summit 2018の開催にあたり、セキュリティーなどの理由から、10月30日からの1ヶ月間、観光ビザのVISA ON ARRIVALを空港で発行してもらえないことがわかりました。

そのため、この期間中にパプアニューギニアに旅行を計画中の方は、日本の大使館で観光ビザを取ってくる必要があります。

またAPECの期間中は、街中の主要な道路が通行止めになりますので、外出が難しくなるでしょう。

パプアニューギニアへ11月に旅行をお考えの方は、しっかり計画と準備をして来られることをオススメします。

IMG_visa.jpg

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。