ポートモレスビーでの運転事情と危険性について

公開日 : 2018年11月22日
最終更新 :

ハロー、ユーカベリーです!

ポートモレスビーに来て、特に長期滞在者は「レンタカーで街をドライブ出来たらいいのにな」と思うことがあるのではないでしょうか。

ポートモレスビーには、旅行客が安全に利用できるような公共の交通機関がないため、送迎がないと大変不便です。

他の国と同様にポートモレスビーでもレンタカーを借りることは可能ですが、注意しなくてはいけない点や以前に理解しておかなくてはいけない点があります。

今回は、ポートモレスビーの運転事情と危険性について書いていきます。

1 車線はどちら方向?

パプアニューギニアの車線は、日本と同じ左側通行で、車はほぼ右ハンドルです。

2 日本で取得した国際免許証は使えるの?

ポートモレスビーで運転する場合、基本的には日本で取得した国際免許証を使えます。

しかし、検問などに引っかかった場合、警察から何か言われることもあるかもしれません。(それぞれの警察により対応が違うため、要注意です)出来るだけ現地のことがわかる人と乗車することをオススメします。

3 パプアニューギニアの免許証は取得できるの?

パプアニューギニアの免許証を取得するには、6ヶ月以上のVISAが必要なので、旅行者はパプアニューギニアの免許証を取得することはできません。

また、ポートモレスビーでは国際免許証は発行できません。

4 運転の危険性は?気をつけるべき行動は?

ポートモレスビーで運転をしていると、人々が金銭を要求してきたり、野良犬や人々が飛び出してきたり、警察の検問があったり、いろいろなことが起こるので要注意で大変危険です。

現地のことを知っている人と乗車するか、ドライバーやセキュリティーを利用することをオススメします。

運転をしない場合でも、車の乗車時は、ドアを開けっ放しにしたりせず、ドアを開けたらすぐに乗車し全ドアの鍵をすぐに必ず掛けましょう。

車を駐車する際は、必ずゲート内などセキュリティーのしっかりしている安全なところに駐車します。車内に貴重品は置かないようにしましょう。最低限の貴重品以外は、持ち歩かないない方が無難です。

決まった道を通り、早朝や夕方からは外出しないようにしましょう。強盗などに襲われる危険性があります。車や人の少ない道は通らない方が無難です。

郊外に行く際は、何台かのグループで行動し、必ずセキュリティーを雇いましょう。

以上が基本的な注意事項です。

基本的にポートモレスビーでの運転は、現地のことをよく知る人と一緒に行動できる方以外はオススメできません。

外務省 海外安全ホームページに詳しい情報が記載してありますので読んでみてくださいね!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。