11月にキノコ狩りができるほど、ドイツは異常に暖かい秋です!

公開日 : 2018年11月11日
最終更新 :

ドイツの11月といえば、暗くてジメジメした天候なのが普通なのですが、今年は異常といってよいほど暖かい日が続いています。

夏も異常なほど暑い日が続き、10月も夏日があったほどでした。

11月は通常10度を大きく割る、日本の冬のような気温ですが、目下のところ15度前後のぽかぽか陽気です。

また秋は、キノコ狩りの季節。こちらも通常11月にはもうほとんど採れないところ、今年は沢山とれています。

Steinpilz1.jpg

ありました!

Steinpilz2.jpg

10月までは、雨が少なく乾燥してたためか、11月になってようやく出てきたようなので、虫食いもなくとっても新鮮。

しかも、ポルチ-ニ(ドイツ語ではシュタインピルツ)ばかり籠いっぱい採れました。

Korp.jpg
Zubereitung.jpg

リゾットにしたり

Risotto.jpg

パスタにしたり。

Pasta.jpg

秋の味覚ですね。

来週末までまだこの過し良い気候が続くようですよ。この時期ドイツに来られる方は、暖かい秋をエンジョイしてください!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。