元は牧師館 住宅街の奥、教育施設にあるホテル&ホステル2(ホステル編) 

公開日 : 2018年12月29日
最終更新 :

前回、ホテル編でご紹介した元牧師館ホテル、ヴァンハ・パッピラ(Wanha Pappila)の隣にある黄色い建物、こちらはホステル ヴィッラ トゥパラ(Hostel Villa Tupala)。ここには

全部で8部屋あります。向かって左に3部屋、右に5部屋に分かれています。左右それぞれに共同のキッチン、シャワー、トイレが付いています。

SKO hostel.JPG

3部屋ある方に入ってみました。

入ってすぐの共同キッチンはゆったりしていて広々した印象、調理や食事ものんびりできそうですね。キッチンを中心に3部屋あります。

例えば、家族やグループで3部屋予約したりするのも楽しそうです。 

SKO hostel kitchen.JPG

結構広い3人部屋、シンプルですが明るく清潔感があります。

SKO hostel 3hh huone.JPG

向かって右の5部屋ある方はキッチンの他にリビングのようなスぺースがありました。こちらには一人部屋もあります。

SKO hostel living.JPG

戸を開けるとこんな景色、今は雪景色ですが夏は一面芝生です。

SKO maisema from hostel.JPG

ホステル ヴィッラトゥパラの宿泊料金は季節によって二人部屋60~70ユーロ(オペラ祭の時期は90ユーロ)、お隣のホテル ヴァンハ パッピラと同じく朝食付き、場所は本館の食堂です。チェックインなども本館でできます。

ここは教育施設なので本館には美術コースなどもあり、作品の展示がされています。この日、パッと目を引いたのは小枝と割れたガラスの組み合わせが面白いこの作品でした。

SKO taidelinja.JPG

私が行ったこの日はクリスマス前ということで生徒さんたちの作った製品が販売されていました。プレゼント用にクリスマスツリーの飾りを数個買いました。

SKO joulu 1.JPG

ホテルについては『元は牧師館 住宅街の奥にあるホテル&ホステル1(ホテル編)』で

Savonlinnan kristillinen opisto

Hostel Villa Tupala(ホステル ヴィッラトゥパラ )

Opistokatu 1, 57600 Savonlinna

※情報はすべて2018年12月のものです。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。