冬の音楽祭 スルトン・フェスティバル

公開日 : 2019年01月05日
最終更新 :

新しいフェスティバルのお知らせです。 

かつて多くの文化人が愛したサマーコテージの名にちなんで、スルトン(悲しみのない、の意)・フェスティバル(Suruton Festivaali)と名づけられました。

今回は記念すべき第1回、1月4日から6日の3日間、サヴォンリンナホール(Savonlinnasali)を中心に催されます。

taiteilijat-1024x240.jpg

プログラムの一部をご紹介します。

Linnan Kummitus - Koko perheen konsertti

「お城の亡霊」  ファミリーコンサート

1月5日(土)12時開演 サヴォンリンナホール (45分 10ユーロ) 

サヴォンリンナ芸術高校オペラ・音楽劇コースの生徒によるプログラム、指導・演出は長年同校のオペラコースを指導されている岡部シルヴァスティ千栄子さん。

OMUTE Itä-Savo-Tuija Pauhu.jpg

Gothóni-kvartetti - Kamarimusiikkikonsertti

ゴトーニ・カルテット  室内楽コンサート

1月5日(土)16時開演 サヴォンリンナホール (1,5時間 29,50ユーロ)

Ralf Gothóni ピアノ、Mark Gothóni ヴァイオリン、Suzan Saber ヴィオラ、 Yuko Miyagawa チェロ

00Ralf Gothóni.jpg

(ラルフ・ゴトーニ氏 / 画像提供 Nova Records Oy)

前回の記事でもお知らせしたとおり、2019年は日本・フィンランド外交樹立100周年の年、このコンサートはフィンランド国内においての関連行事、最初のイベントでもあります。

会場はサヴォンリンナ駅からすぐです。駅からホテルカシノへの小さな橋を渡るとサヴォンリンナホールがあります。

当日券の販売は開演一時間前からホールの入り口で行います。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。