パプアニューギニアの部族!(フリ族)

公開日 : 2019年01月10日
最終更新 :

ハロー、ユーカベリーです!

パプアニューギニアと聞いてイメージすることは、「カラフルな民族」ではないでしょうか?

パプアニューギニアは800以上の民族が暮らす多民族国家であり、それぞれの民族は固有の言語を話し、固有の文化を持ち暮らしています。

今回は、昨年のポートモレスビーで開催されたAPECカルチャーショーで出会えた、堂々と着飾った部族の写真と共にパプアニューギニアの固有の民族衣装の背景をご紹介していきたいと思います。

1 フリ族 (ウィッグマン)

P1010039.jpeg

フリ族は美しいカツラを18ヶ月もかけて髪の毛を伸ばし、地毛で作ることで有名です。

その間は寝癖がつかないよう注意しながら、美しいカツラができるように滝で清めの儀式をします。

このカツラはフリ族の「成人」の証。男の人だけの成人修行です。

たくさんの時間と労力をかけて作ったカツラには先祖の魂が宿るとされています。

やっと出来上がったカツラにカラフルな鳥の羽根などの装飾をつけて、顔には赤と黄色のペイントを施しており、とってもカラフル!!美意識の高さが伺えますね!

横並びで整列しながらジャンプを繰り返すシンシン(singsing)は人気です!

P1010043.jpeg

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。