パプアニューギニアの部族!(モツ族)

公開日 : 2019年01月24日
最終更新 :

ハロー、ユーカベリーです!

今回は、セントラル州のモツ族(Motu)についてご紹介します。

モツ族とは、パプアニューギニアのサウスコーストに住む民族です。

モツ族のコスチュームは、女性は植物の繊維で作られたスカートに裸足、伝統的なタトゥーをしていることが多いです。

羽根や花や植物をヘッドアクセサリーや腕飾りとして使用しておりシンプルながらもとても美しいです。ダンスでは男性が太鼓(kundu)を叩き歌い、女性はスカートをクルクルさせながら歌い踊ります。

しかし、残念なことにモツ族はパプアニューギニアの中で首都の民族のために、他の部族に比べ先に西洋文化に早くふれ、固有の伝統を(ほとんど)失ってしまった部族と言えそうです。

普段は洋服を着て西洋文化に触れて英語を話してと首都の生活をしているため、モツ語というオリジナルの言語もありますが、どんどん消滅しているのも現実です。

モツ族の伝統的な衣装やダンスが観れるのは、観光客が村に訪れた時やイベントの時に限られます。

モツ族の男性が作る、ココナッツの繊維など自然のものを使ったセイリングボート(lagatoi)はとても有名で、今でもセイリングボートのイベントが年に一回行われています。

P1010073.jpeg
P1010067.jpeg

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。