オ-ストリアの山の料理が美味しい!

公開日 : 2019年03月04日
最終更新 :

ドイツからスキ-に行く場合は、オ-ストリアかスイスの山に行くことが多いのですが、私は断然オ-ストリアに行きます。なぜかというと、オーストリアのお料理が美味しいからです。

Flitatensuppe.jpg

牛骨でとったコンソメ風のス-プの中に薄く焼いたパンケ-キを切ったものが入っています。何回飲んでも飽きない、あっさりとした美味しいス-プです。

ちなみに、全く同じス-プが南ドイツのシュヴァ-ベン地方にもあります。そこではフレ-デレズッペと呼ばれています。名称が違うのが面白いですね。

Wild Gerichte.jpg

ジビエ肉はちょっと癖があるので、煮込んだものが多いですね。また果実やジャムなど甘いものと一緒に食べるのが定石です。このお料理もスキ-に行くと必ず一度は注文しますね。

そして今回は、前日までの予約が必要という仔牛のすね肉料理を初めて食しました。

Kalbshaxe mit Wirtin.jpg

民族衣装を着たお店の女将さんが、自らよそってくださいました。

Kalbshaxe.jpg
Kalbshaxe in Teller.jpg

ちなみに南ドイツのバイエルン州あたりでは、豚のすね肉料理、シュヴァイネハクセというものがありますが、仔牛のすね肉は、あまり食べる機会はないですね。

オ-ストリアのお料理、なかなか美味しいですよ!!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。