3/14 エストニア母国語の日

公開日 : 2019年03月14日
最終更新 :

 エストニアからこんにちは!

 今日の日中は気温が5度くらいまで上がったので、良い気分で街まで散歩してきました(^^)

 本日3月14日、日本ではホワイトデーですね。ここエストニアでは"母国語の日(emakeelepäev)"であります。母国語の日、と聞いてもあまりピンと来ませんが、正確にはエストニアの詩人、Kristjan Jaak Peteron(1801~1822)の誕生日をお祝いする日となっており、現代のエストニア文学・ポエムの先駆者である彼の銅像がトームの丘に建てられています。

kjp1.jpg

 現在通っているエストニア語の語学クラスの先生の話によると、本日各学校では彼についての授業があり、文学や哲学を専攻してるタルトゥ大学の学生は、お花を持ってこの彼の銅像を尋ねる日であるそうです。祝日ではありませんが、ナショナルホリデーということで街のレストランや家の軒先には沢山のエストニア国旗が飾られていました。

kjp2.jpg

 午後2時過ぎにこの写真を撮りましたが、曇り空で緑もゼロ、残念ながら寂しい雰囲気になってしまいました...

 学問の街と言われるタルトゥ。ラエコヤ広場周辺やトームの丘にはエストニアの偉人たちの銅像が建てられています。だいたいエストニア語と英語で説明書きがされているので、天気の良い日にゆっくり見て回るのもいいですよ(^^)

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。