シチリア島の新型コロナウイルスによる現状(3月2日)

公開日 : 2020年03月02日
最終更新 :

イタリアでも連日新型コロナウイルスのニュースばかりが報道されている今日この頃です。

2020年2月下旬に北イタリアで最初の感染者の入院が報道されて以来、北イタリアを中心に急激に感染者が確認され続けています。

2020年3月2日現在

・イタリア国内の感染者数:1694名

・新型コロナウイルスによる死亡者数:34名

・上記のうち治癒した患者:83名

シチリアでは、先週パレルモで初めての感染者が確認されました。

北イタリアのベルガモから団体で旅行に来られていた観光客の女性で、そのあと彼女の旦那さんとグループ内のもう1名から陽性が確認されています。

女性はパレルモの病院に隔離入院となっていますが、熱も下がり容態は安定しているとのこと。

残りの2名も、隔離されてはいるものの、症状はない状況だそうです。

彼らが滞在していたホテルは、感染が確認されてすぐに、ほかの観光客はすべて別のホテルへと移され、ホテルのスタッフなどとともに、すぐに検査が行われたりと、対応は非常に迅速でした。

ホテルには同じグループのメンバーが残されていますが、施設全体の殺菌作業なども行われたそう。

ちなみにシチリアの最初の感染者となったこの女性、先日がお誕生日だったそうで。

病室で過ごすこととなったのですが、気を利かせた病院のスタッフがささやかなお誕生日会を開いたとのこと。

この観光客の方々は、シチリアの方々のおもてなしと気遣いに感謝されているんだそうです。

2020年3月2日現在、シチリアでは上記3名に加え、カターニアで2名、ラグーサで1名が陽性が確認されており、ローマの研究所からの公式な返答待ちの状況だそうです。

現在観光施設の閉鎖などはほぼないですが(ノルマン王宮は4日間の閉鎖を経て、本日から再開)、カタコンベのみ、バチカン市国からの措置でイタリア全国で一時的な閉鎖が決まっています。

パレルモのカタコンベも閉鎖となりますので、ご注意を!

CIMG4842.JPG

なお、外務省海外安全公式Webサイトによると、

【危険度】

●ロンバルディア州,ヴェネト州,エミリア=ロマーニャ州

レベル2:不要不急の渡航は止めてください。(引き上げ)

感染がさらに拡大する可能性があるので,最新情報を入手し,感染予防に努めてください。

とのことです。

こちらでもシチリアの最新情報をお伝えしていきたいと思っております。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。