アメリカに入国・帰国される邦人の旅行者の14日間の自己隔離措置に関しまして

公開日 : 2020年04月03日
最終更新 :

2020年4月3日(米東部時間20:51)、在シカゴ日本国総領事館から受信したメールによると、「米国疾病予防センター(CDC)は,現時点で日本を旅行健康情報の警戒レベル3(米国入国制限なし)に分類しています。日本を含むレベル3(米国入国制限なし)に分類されている地域からの渡航者は,米国到着後,14日間の自己隔離措置を行うことが求められています。また,空港到着時にentry screening検査の対象になる場合があります。(引用)」ということです。

以下、全文を引用しますので、アメリカに入国(帰国)される旅行者の皆さま、どうぞお確かめくださいね。

***

米国疾病予防センター(CDC)は,現時点で日本を旅行健康情報の警戒レベル3(米国入国制限なし)に分類しています。日本を含むレベル3(米国入国制限なし)に分類されている地域からの渡航者は,米国到着後,14日間の自己隔離措置を行うことが求められています。また,空港到着時にentry screening検査の対象になる場合があります。

1 米国入国の際の検査(Entry Screening)

米国疾病予防センター(CDC)は,現時点で日本を旅行健康情報の警戒レベル3(米国入国制限なし)に分類しています。日本を含むレベル3(米国入国制限なし)に分類されている地域からの渡航者は,米国到着後,14日間の自己隔離措置を行うことが求められています。また,空港到着時にentry screening検査の対象になる場合があります。日本人であっても,レベル3(米国入国制限あり)に該当する地域に米国入国前14日以内に滞在していた方は,原則米国入国拒否の対象となります詳細は以下のサイトを参照ください。

2 自主隔離中に実施すべきこと

CDCは14日間の自主隔離措置の対象となった外国人渡航者に対し,以下を実施するよう求めるガイドラインを発出しています。

・一日2回検温をし,呼吸困難等の症状があるか観察する。

・自宅に待機し,他者との接触を避ける。

・公共交通手段,タクシー,シェアライドを利用しない。

・他者との距離を2mとること。

当館連絡先 Tel: (312) 280-0400(24 時間対応)(注) Fax: (312) 280-9568 Email: ryoji1@cg.mofa.go.jp (注)コロナウイルス感染症予防のため,現在業務体制を縮小しております。平日 午前9時15分から午後5時までは音声案内に従って操作しますと担当部門につ ながります。土曜・日曜・祝祭日,平日午後5時以降,翌日午前9時15分まで(事 件,事故,その他緊急の用件)は,音声に従って操作しますと,閉館時の緊急電話 受付につながります。

Washington Dulles International Airport.png

 ▪   ▪   ▪

■在シカゴ日本国総領事館

・住所: Olympia Centre #1100

737 North Michigan Avenue Chicago, IL 60611

・Tel: 312-280-0400(24時間対応)

・Fax: 312-280-9568

・Email: ryoji1@cg.mofa.go.jp

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。