ウィスコンシン州最高裁による自宅滞在命令延長の無効判決の発表について(在シカゴ日本国総領事館のお知らせ)

公開日 : 2020年05月15日
最終更新 :

5月15日付、在シカゴ日本国総領事館のお知らせによると、「ウィスコンシン州最高裁判所は,自宅滞在命令を5月26日午前8時まで延長した4月16日付け州政府命令を無効とする判決を発表しました。(抜粋)」ということです。

以下、全文を引用掲載しますので、詳細をご確認ください。

***

ポイント

 5月13日(水),ウィスコンシン州最高裁判所は,自宅滞在命令を5月26日午前8時まで延長した4月16日付け州政府命令を無効とする判決を発表しました。これを受け,同州内のレストランやバーを始め,様々なビジネスの再開の動きが報じられていますが,引き続き多数の新規感染事例が報告されており,州知事は自宅滞在やソーシャルディスタンシング等の継続を含め,安全に細心の注意を払うよう呼びかけています。お住まいや勤務先等,関連する自治体の対応を含め,引き続き関連情報の確認に努めてください。

本文

 5月13日(水),ウィスコンシン州最高裁判所は,4月24日午前8時までの措置となっていた自宅滞在命令を5月26日午前8時まで延長した4月16日付け州政府命令を無効とする判決を発表しました(4/16付け命令については同日付け領事メールを御確認ください。)。

ウィスコンシン州内では,上記の州最高裁判所の判決を受け,レストランやバーを含め,様々なビジネスの再開の動きが報じられていますが,州保健省によれば,引き続き多数の新規感染事例が報告されており,同州知事は自宅滞在やソーシャルディスタンシング等の継続を含め,安全に細心の注意を払うよう州民に呼びかけています。

また,上記判決を受け,同州を構成する市や郡が自宅滞在命令の延長や行動制限を独自に導入する等の動きが報じられています。

在留邦人の皆様におかれては,良き市民として,感染被害及び拡散を避けるため引き続き安全に細心の注意を払うとともに,お住まいや勤務先等,関連する自治体の対応を含め,引き続き関連情報の確認に努めてください。

今後,デモ等が行われる可能性もありますので,在留邦人の皆様におかれては,良き市民として不要不急の外出を避けて,関連情報に十分注意し,抗議デモを見かけることがあっても,興味本位で近づいたり,写真を撮ったりするようなことは控えるようご注意願います。

州保健省新型コロナ感染症関連ページ

https://www.dhs.wisconsin.gov/covid-19/index.htm

州最高裁判決を受けた州知事プレスリリース(5/13付け)及びラジオでの声明(5/14付け)

■在シカゴ日本国総領事館

・住所: Olympia Centre #1100

737 North Michigan Avenue Chicago, IL 60611

・Tel: 312-280-0400(24時間対応)

・Fax: 312-280-9568

・Email: ryoji1@cg.mofa.go.jp

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。