救急隊週間(EMSウィーク)と「新型コロナウイルス関連情報(第39報)」

公開日 : 2020年05月20日
最終更新 :

緊急時には911! アメリカに住んでいなければ、なかなか知り得ない電話番号です。EMSウィークの水曜日の今日は、救急救命の大切さを子供たちに教える日。緊急時、日本では119に通報しますが、アメリカでは911ですので、お子さんたちにはぜひ知っておいてもらいたいですね。

新型コロナウイルス感染拡大にともない、日夜、患者さんたちに寄り添いながら、最前線で人命救助に尽力してくださっている救急隊の方への敬意と感謝は尽きません。私も、ナショナルEMSウィーク(National Emergency Medical Service Week:https://www.naemt.org/initiatives/ems-week)」の今週、あらためて、生命の尊さや命を守ることの大切さを考えています。

EMS Day may20.png

今日受け取った5月20日付の在アメリカ合衆国日本国大使館のお知らせやリンクの内容からも、いまだに新型コロナウイルスの感染症で苦しんでいる方々が多いことがわかります。患者さんたちにお見舞いを申し上げるとともに、亡くなった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

以下、大使館からのお知らせを引用掲載します。

***

●21日(木)以降,メリーランド州の複数の検査場で,医師の検査指示書やアポイントメントなしでの検査が受けられるようになります。

●22日(金)から,バージニアビーチ市のビーチが,レクリエーション活動のために開放されます。

1.本日(5月20日)17時現在の当地における感染者数は以下のとおりです。

(1)ワシントンDC:7,551名(死亡407名)

◎地域別感染者数はこちら

(2)メリーランド州:42,323名(死亡2,004名)

◎地域別感染者数はこちら

(3)バージニア州:32,908名(死亡1,074名)

◎地域別感染者数はこちら

◎DMV における感染者数の推移

2.各州政府の措置等

(1)メリーランド州

5月19日,ホーガン州知事は,プレスリリースを発出し,州の検査態勢についてアップデートを行ったところ,主な内容は以下のとおりです。

・プリンスジョージズ郡クリントン(Clinton)とハイアッツビル(Hyattsville)の排気ガス検査場(VEIP)に,新たな新型コロナウィルス用の検査場が開設される。

・今後,新型コロナウイルスに暴露した可能性があるが症状が出ておらず,医師からの検査指示書がない人でも,州内の4カ所の検査場で,アポイントメント無しのドライブスルー検査を受けることが可能になる。検査料は保険でカバーされる。

・アポイントメント無しでの検査が実施される検査場(4カ所)

[1] ボルチモア郡のティモニウム・フェアグラウンド(21日から)

Timonium Fairgrounds, 2200 York Rd., Timonium, MD 21093

[2] アナランデル群グレン・バーニー排気ガス検査場(22日から)

Glen Burnie VEIP (Anne Arundel County), 721 E. Ordnance Road, Curtis Bay, MD 21226

[3]プリンスジョージズ郡ハイアッツビル(Hyattsville)排気ガス検査場(22日から)

[4] プリンスジョージズ郡クリントン(Clinton)排気ガス検査場(来週以降)

・メリーランド州内では,すでに208,658の検査が行われ,これにより州の人口の3.5%がカバーされたことになる。今までは第一線で働く方々や老人ホームを含むクラスターに集中してきたが,このような改善状況により検査の対象を拡大することができるようになった。

◎詳しくはこちら(州知事プレスリリース)

◎詳しくはこちら(検査場一覧を含む,州保健局の検査に関するページ)https://coronavirus.maryland.gov/pages/symptoms-testing

◎詳しくはこちら(州政府によるドライブスルー検査場での注意事項)https://phpa.health.maryland.gov/Documents/VEIP-What2Expect-Testing-DoubleSided-English-May%20-%20REVISION%202.pdf

(2)バージニア州

5月18日,ノーザム州知事が記者会見を行ったところ,主な内容は以下のとおりです。

・5月22日(金)以降,バージニアビーチ市がレクリエーション活動のためにビーチを開放することを許可する。

・許可される活動は,現在の規制下でも可能である釣りと運動に加え,日光浴,水泳及びサーフィン。集団スポーツ(バレーボール、フットボール、フリスビー等),講演,飲酒,テントの使用,傘の集団利用,リゾートエリアのサンドビーチ(Jettyから42ストリートまで)での釣りは禁止。駐車場は50%に制限。

・バージニア州の他のすべてのビーチは,再開フェーズ2まで,運動と釣りのみ可能。

◎詳しくはこちら(州知事HPトップページでの告知)

◎詳しくはこちら(バージニアビーチHPでの告知)

◎参考:バージニア再開ガイドライン要旨(当館作成)

(注)各州政府の措置等についても,できる限り正確な情報を記載するよう努めておりますが,ご自身に関係する事項については,米側当局が提供する情報に依拠してください。

(注)上記のほかにも,連邦・州・地方政府(郡,市など)レベルで感染拡大を抑制するための各種措置がとられています。特にお住まいの郡や市など地方政府が発信する情報には生活に密接に関わるものが多く含まれていますので,各自において最新情報の把握に努めてください。

3.当館ホームページに新型コロナウイルス関連情報を掲載しています。情報収集の一助としてご活用ください。

◎当館 HP(新型コロナウイルス関連情報)

4.当館では, 3 月18 日以降,当館領事班の人員体制を縮小しています。お急ぎでない手続きについては,ご来館の時期を再検討願います。

◎当館領事窓口をご利用予定の皆様へ(お願い)

5.新型コロナウイルスの感染・疑いがある旨診断された場合は,当館(領事班)まで御一報願います。

■在アメリカ合衆国日本国大使館

住所:2520 Massachusetts Avenue N.W., Washington D.C., 20008, U.S.A.

電話:202-238-6700(代表)

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。