【治安】注意喚起:ミネアポリス市で発生した事件の抗議活動に関しまして (在米日本国大使館からのお知らせ)

公開日 : 2020年05月31日
最終更新 :

在アメリカ合衆国日本国大使館から「 注意喚起:ミネアポリス市にて発生した黒人男性死亡事件に対する抗議活動(第3報)」という表題のお知らせが届きました。以下、ポイントを引用掲載しますので、ご参照ください。

***

●DC政府はDC全域に対する夜間外出禁止令(本日23時~)を発表しました。

●VA州知事は非常事態を宣言しました。リッチモンド市における夜間外出禁止令は6月3日午前6時まで有効です。

1.本日(5月31日),DC政府は,ボウザー市長がワシントンDC全域に対する夜間外出禁止令(curfew)を発令し,本日午後11時から明日午前6時までの外出を禁じた旨,発表しました。

2.本日,ノーザムVA州知事は,非常事態を宣言しました。これにより州兵の動員等が可能となります。

3.本日午後8時に開始したVA州リッチモンド市における夜間外出禁止令は,延長がない限り,6月3日午前6時まで有効です。なお,緊急の医療処置,自宅から職場・礼拝施設への移動,報道・医療従事等を目的とした外出等には,この禁止令は適用されないとしています。

◎上記2.および3.の詳細はこちら

4.在留邦人の皆様におかれては,引き続き,お住いの地域における治安情勢や今後の当局発表にご留意願います。

■在アメリカ合衆国日本国大使館

住所:2520 Massachusetts Avenue N.W., Washington D.C., 20008, U.S.A.

電話:202-238-6700(代表)

HP:https://www.us.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。