No.584フランスでのホテル予約にぜひ試してみてほしいFairbooking.comサイト

公開日 : 2020年07月23日
最終更新 :
筆者 : 冠ゆき

旅行、出張、移動の際、ホテル予約サイトを利用される方は多いと思います。フランスでも年々オンライン予約の利用者が増えていますが、実は大手の予約サイトはほとんどが本社がフランスにあるわけではなく、その利益は往々にして外国へと流れ、税金として国に入ってはきません。しかも、大手予約サイトの手数料は15〜30%と(ソース:20minutes紙)かなり大きなものです。

584.jpg

パリのマンダリン・オリエンタル・ホテル© Paris Tourist Office - Photographe : Marc Bertrand

ただでさえ、新型コロナウイルスの影響で痛手をこうむった観光業界。フランスのいくつかの地域では、この夏、大手予約サイトへ抗議する動きも見られています。そのあたりのことは、こちらの記事にまとめましたので、よろしければご覧ください。

それと同じ方向の動きとして、フランスでは2013年に、Fairbooking(フェアブッキング)という予約サイトが誕生しました。仲介者を減らすことで、低い手数料でフランスのホテルを予約できることを目指したサイトです。

ところが、グーグル検索になかなか引っかからないこともあり、これまでほとんど脚光を浴びることがなかったというのが現状です。

しかしながら、このたび瀕死の観光産業を復興させるため、ナントの商工会議所と、ロワール・アトランティック県議会が、このフェアブッキングサイトの運営に手をつけることが決まりました。フェアブッキングサイトでは、ホテル側が払うコミッションは5%のみ。年会費€25が必要とはいえ、大手予約サイトよりはずっと良心的です。

近いうちにリニューアルされる予定ですが、いま現在もホテル検索は可能です。行き先と日程を入れると、候補のホテルのリストが現れ、そこから選択することでホテルの予約サイトへと入ることができます。今のところ、確かに、大手予約サイトと比べ使い勝手はいささか劣りますが、フランスの宿泊施設を応援する気持ちのある方は、ぜひ一度覗いてみてほしいところ。次のホテル予約では、まず最初にこちらのfairbookingを試していただけるとうれしい限りです。

商工会議所の手腕と、リニューアル後の充実を大いに期待しましょう。

Fairbookingの予約サイト

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。