エストニアで林檎の収穫。暖冬の影響がこんなところに!

公開日 : 2020年09月11日
最終更新 :

エストニアからこんにちは!

8月下旬より庭の林檎の収穫が始まりました。今年2020年は4本すべての木に林檎がなり、近所の庭を覗いても、どこもたくさんの林檎がなっている! 今年は当たり年かなーとワクワク♪

林檎は基本的に地面に落ちた物を拾います。すでに傷んでいる物、鳥に食べられてしまった物を含め、昨年は3分の1ほどがゴミになりました。

今年はというと......虫による被害が大きく、半分以上は食べられず仕舞い。中には虫食いなど気にせず食べちゃう方(!)もいますが......(^^;

現地の方の話によると、今年は暖冬の影響で作物に虫がつきやすくなっているそうです。特にお気に入りの黄色くて甘い林檎、虫食いがないものを見つけられません(泣)

それでもこの時期に見られる光景が、無料のリンゴBOX。

食べきれないリンゴを箱に入れ家の前に置いておき、欲しい人が自由にいただけるというシステム。

4.jpg

リンゴは種類が豊富なので、さまざまなものをいただきながら食べ比べをしています(^^)

わが家も昨年は無料リンゴBOXを設置したのですが、残念ながら今年はできなさそうです。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。