【新型コロナウイルス】日本からエストニアへの入国に関して

公開日 : 2020年10月21日
最終更新 :

久しぶりにエストニアにおける新型コロナウイルスの状況を更新致します。

エストニアでの新型コロナウイルス感染者は、夏に比べ増加しています。新規感染者は先々週が266名、先週が203名。2020年10月19日(月)の時点で、過去2週間の平均感染者数は人口10万人あたり35.29名と、EU諸国ではかなり低い数値となっています。

EU諸国からエストニアへ入国後の自主隔離(14日間)義務づけは、この平均値をもとに毎週金曜日に見直され、翌週月曜日より有効となります。

10月21日(水)現在、日本からエストニアへ到着後の自主隔離(14日間)は義務づけられておりません。到着後すぐに町を歩くことができますが、飛行機のスケジュール変更や入国条件が変更になる可能性はとても大きいです。

ちなみにハイリスク国よりエストニアへ入国する際、空港またはフェリーポートでCOVID-19テストを受けることにより、自主隔離期間を短縮することが可能です。到着時に受けた検査結果が陰性の場合、7日以内に再度テストを受け、再び陰性の結果が出れば自主隔離期間は到着後から最初の7日間のみで済むそうです。

COVID-19テスト費用は、エストニア居住者は無料、非居住者は67ユーロ、その場で支払い可能。

また新しい情報が入り次第お知らせいたします!

2.jpg

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。