2020年 エストニアで多く名付けられた名前は?

公開日 : 2021年01月18日
最終更新 :

エストニアからこんにちは!

日本でもよく見られる人気な名づけランキング、先日エストニアのニュースでも発表されておりました。

まずはじめに、2020年におけるエストニアの人口動態について。

●エストニアの総人口 : 132万9460人(沖縄県の人口よりやや少なめ)

●出生数: 1万3127人(2020年の合計特殊出生率は約1.61)

・男: 6702人

・女: 6452人

(双子 224組、三つ子 3組)

●死亡者数: 1万5721人

●外国からの移住者: 1万390人

●国外への移住者 : 7320人

○結婚数: 5629組

○離婚数: 2472組

2020年最も多く名づけられた名前はこちら!

【男】

・Robin(ロビン)

・Rasmus(ラスムス)

・Jakob(ヤコブ)

・Oliver(オリベル)

・Sebastian(セバスチャン)

・Hugo(フゴ)

・Aron(アロン)

・Artur(アルトゥル)

・Robert(ロベルト)

・Lukas(ルーカス)

・Mark(マルク)

・Oskar(オスカル)

 【女】

・Sofia(ソフィア)

・Mia(ミア)

・Saara(サーラ)

・Emma(エマ)

・Marta(マルタ)

・Emily(エミリー)

・Alisa(アリサ)

・Eva(エヴァ)

・Lenna(レンナ)

・Maria(マリア)

エストニアらしい名前、ヨーロッパ諸国で共通の名前、ちょっと日本人っぽい名前などさまざまです。Hugoさんは長~く人気な名前なようで、町なかの銅像や学校の創設者にもよく見られます。

これは完全に個人的なつぶやきですが、いまだに名前で男性/女性を見分けるのが苦手です......(^^;

例えば日本では名前の最後に子(ko)がつくのは女性が多いですが、エストニアでは男性が多いです。(Veiko(ベイコ)、Marko(マルコ)、Asko(アスコ)など)また、Jüri(ユリ)、Linna(リナ)、Mica(ミカ)なども男性の名前なんですね。

こればかりは多くの人と会い、地道に覚えていくしかありません!

本日の記事の情報源はこちらです↓

本日もお読みいただきありがとうございます。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。