貴志駅へたま駅長に会いに行こう!

公開日 : 2021年01月19日
最終更新 :
tama1.jpg

日本の民間鉄道で初めて正式に「駅長」に任命された猫がいるのをご存知ですか? 一時期とても有名になったので、猫好き・鉄道好きの方であれば知らない人はいないでしょう。今回は、たま駅長に会いに和歌山県の貴志駅に行ってきました。

■たま駅長

tama2.jpg

たま駅長は、和歌山電鐡貴志川線の貴志駅の売店で飼われていた猫です。2007年に和歌山電鉄から駅長に任命され、猫の駅長として有名になりました。それから貴志駅にはたま駅長に会うためにたくさんの人が訪れるようになり、利用客が増加しました。

たま駅長はその功績を称えられ、「スーパー駅長」、「ウルトラ駅長」に昇進し、ついには「和歌山電鐡社長代理」にまでなりました。2015年に亡くなったのちは「名誉永久駅長」となり、「たま神社」から駅を訪れる人を見守っています。

■2代目駅長ニタマ

tama3.jpg

たま駅長が亡くなったのち、「ニタマ」が「たま2世駅長」に就任しました。いま会えるのはこのニタマ駅長です。

私が訪れたとき、ニタマはずっと寝ていて、残念ながら起きている姿を見ることはできませんでしたが、駅長の帽子をかぶって座布団の上で眠っている姿はかわいくてとても癒やされました。

■猫の駅舎!和歌山電鐡貴志駅

tama4.jpg

貴志駅はなんと猫のかたちをしています! 桧皮葺の屋根に猫耳がついていて、猫の目がステンドグラス!で、とってもかわいい猫駅舎です。猫駅舎を写真に収めようと、駅の外にはたくさんの人がいました。

tama5.jpg

そして駅舎の中はたま駅長だらけでどこを見てもかわいい!

駅舎内には「たまミュージアム」や「たまカフェ」があり、カフェでは地元産の果物を使用したジェラートなどが楽しめます。たま駅長グッズも販売しています。

■貴志駅に行ってみよう!

JR和歌山駅から和歌山電鐡貴志川線に乗って、終点の駅が貴志駅です。貴志駅周辺には駐車場がありませんので、和歌山電鐵を利用するのがよいと思います。和歌山駅から「たま電車」に乗って訪れるのがおすすめです。伊太折曽駅にも駐車場がありますので、車の方はこちらを利用してもよいかもしれません。ちなみにこの伊太祈曽駅は、「よんたま」が駅長をしているそうです。

なお、駅長が休みの日もありますので、事前にウェブサイトなどで出勤日を確認したほうがよいです。和歌山電鉄の公式ウェブサイトには猫駅長の「勤務予定」が掲載されていますので、お出かけ前にチェックしてください。

■貴志駅

・住所: 和歌山県紀の川市貴志川町神戸

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。