エストニアにおける新型コロナウイルスの感染拡大状況

公開日 : 2021年01月26日
最終更新 :

エストニアにおける新型コロナウイルスの感染拡大状況についてお知らせします。

エストニア国内では相変わらず新型コロナウイルスの感染者が増え続けております。前回の記事の12月15日現在では過去2週間の平均感染者数は人口10万人あたり470.66人とお伝えしましたが、2021年1月26日現在は541.62人となっております。

感染者の多くは首都タリンのあるHarju郡、ロシアとの国境の町ナルヴァのあるIda-viru郡で確認されており、年末~今月半ばまで飲食店や娯楽施設に営業規制がかけられていました(※現在は規制が緩和されています)。

世界各国で開始されたワクチンも昨年末から接種され始めました。1月26日現在、1度目のワクチン接種を受けた人は2万4102人、2度目の接種を受けた人は3078人となっております。追加のワクチンが届き次第、感染リスクの高い人から順に接種をしていくそうです。

公共室内および交通機関内でのマスク着用(何かで鼻と口元を覆う)が義務化されて1ヵ月以上経ちました。ほとんどの人がルールに従いマスクを着用していますが、思った以上に感染者が減少しないなぁ......というのが個人的な感想です。特に今月上旬はクリスマスに家族で集まる人が多かった影響か、1日での感染者が1000人を超えた日もありました。数字だけ見るとそこまで多く感じませんが、エストニアの人口は日本の100分の1です。単純にエストニアの感染者数×100をして日本の状況に置き換えると、いかに感染者が多いかがわかりますね......。

引き続き情報が入り次第お知らせしたいと思います!

エストニア入国に関する情報はこちら→https://vm.ee/en/information-countries-and-self-isolation-requirements-passengers

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。