タルトゥ 人通りの少なくなった町並み

公開日 : 2021年03月08日
最終更新 :

エストニアからこんにちは!

前回の記事にて新型コロナウイルス感染拡大防止のための新たな規則をお知らせしました。その後政府により生活必需品を販売する店舗(スーパー、薬局、ペットショップなど)を除き、週末は休業するよう新たな要請がありました。

昨日の夕方、人通りの少ない時間を狙い買い物へ行きましたが、いつも以上に人通りは少なくどこか寂しい雰囲気がありました。

1.jpg

多くの飲食店は持ち帰り品のみを販売しておりました。なかには新たな規制を知らず、店先の張り紙を見て食事ができないみたい......というような会話をして立ち去っていく人の姿も。普段以上にフードデリバリーの方々が忙しそうに動き回っているようにも感じました。

前回の記事の2021年3月1日時点では過去2週間の平均感染者数は人口10万人あたり1035.01人とお伝えしましたが、2021年3月8日現在は1335.5人となっております。たった1週間で300人近く増加しましたが、これからさらに増えるのでは?と思われます。

新型コロナウイルスのニュースばかりに注目すると暗くて不安な気持ちになってしまいます。しかし春はすぐそこまで訪れているので、スーパーにはイチゴやラズベリー、ブルーベリー、プラム、桃など、しばらく見かけていなかった果物たちが並び始めました。

maasika.jpg

色鮮やかな果物を見ると元気が出ますね(^^)筆者は定期的にイチゴを購入するのを楽しみにしております。

日本の皆様も体に気をつけてお過ごしくださいませ。

本日もお読みいただきありがとうございます。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。