エストニア 新型コロナウイルスのワクチンを接種しました

公開日 : 2021年05月27日
最終更新 :

エストニアからこんにちは!

今年2021年1月より開始された新型コロナウイルスのワクチン接種。高齢者や医療従事者など優先度の高いグループから接種が始まり、5月17日からは16歳以上のすべての居住者が接種の対象となりました。

筆者が該当する30歳以上の居住者は5月15日より予約受付が開始。IDナンバーを使いこちらのPatient Portal(https://www.digilugu.ee/login?locale=en)のウェブサイトから予約を行います。

朝10:30にログインすると、すでに1450人もの人がアクセス待ち。結局そのまま15分待ち、予約画面へと進めました。希望の接種会場、日時、ワクチンの種類(当時は4種類から選べました)を入力し、予約は完了。直近で取れた予約は1週間後でした。

ちなみにこのウェブサイトからはこれまでの受診履歴、処方箋、今回のワクチン接種の予約日など自身の医療に関するデータを見ることができます。なかなか便利!

―――

いよいよワクチン接種当日。タルトゥ在住の筆者の接種会場はとあるスポーツスタジアム。現在はコロナワクチンの大規模接種会場として使われています。

1.jpg

大まかな流れは会場に入り

①手の消毒、新しいマスクの着用。上着を預ける→

②看護師さんと問診→

③ワクチン接種→

④様子見のための15分待機→

⑤預けた上着を受け取る→

⑥帰宅。次回のワクチン接種日の案内がメールで届く。

大規模接種というだけあり、問診やワクチン接種ブースは各8ヵ所ほど用意されていて、イスに座って順番待ちと思ったらすぐに立って移動するほどスムーズに一連の作業が進みました。上着を預けてから会場を後にするまで合計で30分ほどです。

次回の接種日は6週間後、自動的に日時が振り当てられました。都合が合わない場合は変更できるそうです。

気になる副作用ですが、当日から3日間ほど筋肉痛のような腕の痛み、微熱、頭痛が少しあった程度でした。接種から6日経ったいまは腕の痛みも消え普段通りの体調で過ごしています(^_^)

まだ完全に大丈夫とは言い切れませんが、心配しすぎずに次の接種日に備えたいと思います。

●エストニアにおけるコロナワクチンの情報●

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。