日本からエストニアへ、査証なしでの入国が可能になりました

公開日 : 2021年06月14日
最終更新 :

エストニアからこんにちは!

今月はじめよりEUでは、新型コロナウイルスの感染率が低いとされる日本からの観光客を受け入れるかについて議論されていました。最終的に受入れの判断は各国に委ねられることとなり、エストニア政府は日本からの観光客受け入れを容認。6月7日より日本からエストニアへの査証(ビザ)なしでの入国が可能となりました。

現在第三国から査証なしでエストニアへ入国できるのはオーストラリア、イスラエル、日本、ニュージーランド、ルワンダ、シンガポール、大韓民国、タイからの旅行者です。

このうち過去14日間の新型コロナウイルス感染率が人口10万人あたり16人以下の国から到着する場合は10日間の自主隔離が免除されますが、本日14日より日本およびタイからの入国者には自主隔離が義務づけられます。

またエストニア入国にあたり、新型コロナウイルスに感染していないことを証明する書類(陰性証明書)が必要であること、エストニアから日本へ帰国する際も同じ書類を用意し強制+自主隔離が必要なことを考えると、残念ながら自由に旅行ができるようになるのはまだまだ先ですね。

エストニアでの新型コロナウイルス感染者はピークの頃より減少し、ここ最近は1日の感染者が100人以下の日が続いています。これまで義務とされていた屋内でのマスク着用は推奨へとシフトし、飲食店の営業時間に関する規制も撤廃されました。町の飲食店は太陽の光を浴びながら食事を楽しんでいる人であふれていますよ~! 急にこんなに規制が緩んで大丈夫?と心配ですが(^^;

エストニアへの入国に関する規制は毎週見直されています。下記ウェブサイトにてご確認くださいませ。(英語対応)

●本日の情報源

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。