エストニアの冬の首都Otepää(オテパー)でジップラインを楽しむ

公開日 : 2021年07月14日
最終更新 :

エストニアからこんにちは! 熱波が再来し暑さでどうにもならない日が続いております。窓とカーテンを閉め切って家でゴロゴロしたいところですが、夏はあっという間に終わってしまうもの。ちょと出かけようかということで、タルトゥから車で1時間弱のOtepää(オテパー)へ行ってきました。

2.jpg

Otepääはいくつかスキー場があることから、エストニアの冬の首都と呼ばれています。エストニアは基本的に平地ですが、確かにOtepääは坂が多く山にいる気分! 今回はOtepää seisklupark(Otepää adventure park)でジップラインに挑戦です。

ウェブサイトはこちら→https://www.seikluspark.ee/en/

ジップラインとは金具とベルトを使い、森の中に張られたワイヤーを滑り下りるアクティビティのこと。シャーッと勢いよく滑るのでターザンの気分を味わえます。

こちらのチケットは大人ひとり€8。300mと350mの2ヵ所のコースを楽しめます。最初のコースは高低差が少なくただひたすらに楽しめましたが......! 次のコースは小高い丘の上からそこそこの傾斜がある。さっきは助走をつけて滑り出したのに対し、ここは崖からピョンと飛び降りないといけません。

1.jpg

あまりの高さに足がすくんで動けません。でもこの炎天下のなか歩いて戻るわけには......と思い、覚悟を決めました!

見てくださいこの高さ、とっても怖かったー!

4.jpg

どっと冷や汗をかいたあとだったので、滑り降りているときの風が気持ちよかったこと。終わってしまえば楽しかった!のひと言に尽きます。

夕飯は帰り道の途中にある魚料理専門店にてサバのグリルをいただきました。程よい塩味にふわふわの身、とってもおいしかったです。

3.jpg

ちなみに手前の器に入っているのはサワークリーム。日本ではどこでも醤油がついてくるように、エストニアではサワークリームがついてきます。

暑いとどうもやる気が起きませんが、久々にお出かけをしてリフレッシュできました。昨年はたくさん楽しんだブルーベリー狩り、今年はできるかな?

本日もお読みいただきありがとうございます。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。