ユダヤ新年を迎えたイスラエル

公開日 : 2021年09月23日
最終更新 :

シャローム! こんにちは。

イスラエルのテルアビブに在住している、がんちゃんです。

今なお、猛威を振るうCOVID−19が収束した後に、ぜひ訪れてほしいおすすめの観光SPOTやイスラエルの最新情報をUPしていきたいと思います。

D4785315-2A9F-4054-BCE0-68C444CDAD7F_1_201_a.jpeg

さて、イスラエルでは9月7日の日の沈みとともに、ユダヤ新年を迎えました。

今年はユダヤ暦で数えると5782年になります。

E134B5E1-EBC3-492B-933B-16ACBE674B20_1_201_a.jpeg

ユダヤの新年はRosh Hashana(ローシュ・ハシャナ)と言い、ユダヤ暦で数えているため毎年日付が変わるんです。

ユダヤ暦とは聖書に記されている、はじめての人アダムがこの世に誕生した日から数えているもの。

まさに人間生誕からの年数ということになります。

新年前日の街中は、日本の大晦日の前日のようにショッピングのお客さんで大にぎわいに。

国内の7~8割弱がユダヤ教徒といわれるイスラエルでは、祝祭日は家で家族と過ごすのが通例で、お店もほぼ閉まります。

食卓にご馳走を並べるための買い出しに、皆大忙しです。

221D6F84-F126-4342-8822-9A9465D735CA.jpeg

また、新年には贈り物をしあう文化があるため、いつもより豪華にラッピングされたワインや、食器、お菓子の詰め合わせ、などを見かける機会も増える時期。

華やかなディスプレイに心が躍ります。

IMG_7158.jpg
93CF7C70-1D9E-4F31-B663-74C33B951207.jpeg

すてきな習慣として、「甘い1年になりますように」と願いを込めて、りんごと蜂蜜を食べるというものもあります。

04F58229-9527-4E73-BF89-3DEAD27D9F03_1_201_a.jpeg

私も新しい1年のいいイメージを膨らませながら、りんごを煮詰めてアップルパイを完成させました。

B4132089-21EB-479E-BD88-1DAA3C367651.jpeg

(2年連続でアップルパイを食べながらの年越し)

皆さんにとって甘美な1年になりますように。

それでは、レヒットラオート!(さようなら)

By がんちゃん

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。