「地球の歩き方」と「TJ Hiroshima」の編集長が広島県知事を表敬訪問しました!

公開日 : 2023年12月16日
最終更新 :

2024年夏前に『地球の歩き方 広島』が発行決定!

このたび、15タイトル目の「地球の歩き方国内版シリーズ」として、2024年5~6月に『地球の歩き方 広島』を発行することが決まり、2023年12月7日(木)に、「地球の歩き方」編集長の宮田 崇(みやた たかし)と地元タウン誌「TJ Hiroshima」編集長の阿南 征士(あなん まさし)がその報告のため、広島県知事の湯﨑 英彦(ゆざき ひでひこ)氏を訪問いたしました。

湯﨑知事は「海外に行くときは、まず『地球の歩き方』を買った」とご自身が地球の歩き方ユーザーであることをお話くださいました。『地球の歩き方 広島』ができることについては、「これまででもっとも詳しい広島本になるのでは?」と期待のお言葉をいただきました。

会見には、2023年に誕生した広島の新しいご当地キャラクターの「ひろくま」も駆けつけてくれました。レモンの香りをふりまきながら、うれしそうに体を動かす「ひろくま」も、『地球の歩き方 広島』の発行決定を喜んでくれているようでした!

地元に詳しい「TJ Hiroshima」編集部とタッグを組み制作

「地球の歩き方」は、長年その土地に詳しい人によって書かれており、かゆいところに手が届く細かい旅の情報をおせっかいまでに掲載するガイドブック。1979年の創刊以来、そのポリシーは受け継がれています。今回の『地球の歩き方 広島』の制作にあたり、地元タウン誌で45年以上にわたり一度の休刊もなく広島情報を発信し続けてきた「TJ Hiroshima」とタッグを組むことが決定。約500ページに広島全23市町の情報を約800物件掲載する、これまでにない“広島の旅事典”が完成する予定です。

▼『地球の歩き方 広島』発行決定リリースはこちらへ
https://www.arukikata.co.jp/web/article/item/3004174/

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。