新年を花火で迎えたサンフランシスコ、今週の様子

公開日 : 2024年01月06日
最終更新 :
筆者 : Katie M

2024年を迎えた1月初週、サンフランシスコは無事に毎年恒例でサンフランシスコ湾から打ち上げられる花火で新年を迎えました。今週の様子をお伝えします。

1月の市内の様子

長かったホリデーも幕を閉じた1月最初の週、静かだった市内も徐々に車や自転車の交通量が増えてきつつあります。今週は12月31日の真夜中から15分の間、ベイブリッジの麓付近から毎年恒例の花火が打ち上げられ、多くの観覧者で賑わいました。

この日は交通渋滞に備え、MUNIやCal-Trainは全て無料での運行となりました。花火は15分間賑やかに打ち上げられ、大きな問題もなく2024年に突入しました。なお、1月1日は快晴の穏やかな日となりました。

カリフォルニア州で急増する救急外来受診

カリフォルニア州では、12月第3週にインフルエンザの流行とCOVID-19による救急外来受診が急増しています。この急増は、米国疾病対策予防センターのデータによると、2023年の最終週まで全国的に続いていますが、年末年始の集まり、旅行、そして新たに確認されたJN.1コロナウイルス変種が原因とされています。

全米規模でも、12月最終週に78,905人のCOVID-19、136,668人のインフルエンザによる救急外来受診があり、それぞれ前月から72%、225%増加した状態です。特に1月の第1週は、特にインフルエンザの患者数が加速するとされており、カリフォルニア州も例外なく呼吸器官系の感染率が上昇しているとのこと。ベイエリアのほとんどの病院は、季節的に患者が増えることを見越して、数カ月前から従業員のマスク着用を復活させるなどの対応をとっていますが、今後このJN.1ウイルスがどこまれ影響をおよぼすのか注目されています。

ベイエリア今週末のイベント

  • 1月5日−7日の間、サンフランシスコではThe San Francisco Tape Music Festivalが開催されます。これはSFテープ・ミュージック・コレクティヴのメンバーやゲスト作曲家たちが、真っ暗闇のなか原音に忠実なサラウンド・システム(24台のハイエンド・ラウドスピーカー)で生演奏するイベント。プログラムは毎日異なるため、公式サイトを参照してください。
  • 1月7日は、ゴールデンゲート公園内でThe San Francisco Hot Chocolate Runが開催されます。このイベントの特徴は、フィニッシュラインに到着すると、チョコレート・フォンデュ、ディッパブル、ホットチョコレートで溢れた巨大なボウルやマグカップが手渡されること。また途中途中の休憩所でもチョコレートが手渡され、チョコレートを食べながらランを楽しめるユニークな体験ができます。

最後に

このコラムを書いている2024年1月4日現在、サンフランシスコの市のデータによると、今週1週間のサンフランシスコの陽性率は9.3%。前回の55からほぼ倍に増加しています。カリフォルニア州の平均陽性率は、12月22日からアップデートがないため先週と同じ9.8%。インフルエンザの陽性率は15.0%です。

筆者

アメリカ・カリフォルニア州特派員

Katie M

18歳での留学をきっかけに渡米。現地で役立つライフスタイルやトレンドなどを紹介します。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。