サンフランシスコの治安は向上している?1月下旬市内の様子

公開日 : 2024年01月27日
最終更新 :
筆者 : Katie M

市長がアピールする治安改善

今週、サンフランシスコ市長・ブリードが、Xを通して2023年のサンフランシスコの犯罪件数は7%減少したと新しい統計を発表しました。
こちらの統計を見る限り、2022年と2023年を単純に比較すると、犯罪件数の減少は多かれ少なかれ確認できることが分かります。グラフで、2023年の犯罪は左の濃いオレンジの棒、2022年の犯罪は右の青い棒となり、2023年の犯罪は、強盗と自動車盗難の増加を除いて、すべてのカテゴリーで減少しています。

ただし2023年はドリームフォースとAPECが開催され、警察が大挙して出動した経緯があります。数週間の集計期間を合わせれば、犯罪全体が7〜8%減少するのは当然という考えもあります。いずれにせよ、サンフランシスコの犯罪は、オークランドよりもはるかによい傾向にあることは確かで、治安改善に向かう傾向は市民にとってはグッドニュースといえます。

ベイエリア・今週末のイベント

今週末に開催されるベイエリアのイベントを、数件お知らせします。

  • Oakland Chinatown Lunar New Year Bazaar:オークランドの中華街で旧正月をお祝いするバザーが二日間に渡り10:00~17:00の間に開催されます。入場は無料です。
  • 2024 White Elephant Sale:北カリフォルニアで最も古く、最も大きなガラクタ市が「ホワイト・エレファント・セール」。このプレビューセールが1月28日からオークランドで開催されます。サッカー場の2倍近い広さの倉庫に20近い売り場があり、見物するだけでも圧巻です。プレビューセールの入場料は$40。一般の入場は1月31日から2月4日の10:00~14:00の間で、$5の入場料になります。
  • SF Sketchfest:有名なコメディアンによるコメディ・スケッチやパフォーマンスが2週間半にわたって繰り広げられるコメディアンフェスです。毎日3〜4のショーが開催されるだけでなく、ワークショップやパネル、その他のアクティビティも楽しめます。

最後に

このコラムを書いている2024年1月25日現在、サンフランシスコの市のデータによると、今週1週間のサンフランシスコの陽性率は9.8%。先週は10%を超えましたが、今週は平均的な数値です。カリフォルニア州の平均陽性率は、10.9%。こちらも僅かに減少しています。インフルエンザの陽性率は11.0%。全体を通して感染率が下がっているのが分かります。

筆者

アメリカ・カリフォルニア州特派員

Katie M

18歳での留学をきっかけに渡米。現地で役立つライフスタイルやトレンドなどを紹介します。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。