【イタリア・ナポリ】ヴァレンタインの日はアマルフィ近くでランチ

公開日 : 2024年02月28日
最終更新 :
筆者 : ピッパ
こちらはエビ入りのスパゲッティ
こちらはエビ入りのスパゲッティ
こちらはヴォンゴレスパゲッティ
こちらはヴォンゴレスパゲッティ
こちらはデリーツイアアルリモーネ
こちらはデリーツイアアルリモーネ

皆さん、こんにちは!

さて、今回はヴァレンタインディにアマルフィ近郊まで行き、ランチを食べに行きましたのでご紹介したいと思います。

夫がいつものように、「ここに行きたい、あそこにも行きたい!」と毎回行く場所を決めるので、たまには筆者も決めたい!!
と思っているのですが、なかなかうんと言ってくれません(苦笑)

どうしてか、夫は行ったこともないお店でも、きっとここはおいしいはずと思い込む性格なようで、ネットからいろいろと情報を得て調べるのです。それが夫の楽しみのひとつなので、その趣味を取り上げてもいけないかなあ、と思いながらあれこれいって決めていきます。

ところがはずれもあるんですよね。料理はおいしくても、たまに店員さんのサービスが行き届いていなかったりなどなど。「だから言ったでしょ?」というのですが、後出しじゃんけんみたいになるのであまり言わないように心がけています。

ここはアマルフィの近くだったので、シーズンにアマルフィへ行くこともあるかもしれないから、事前にいいレストランを知っておくことも大切だと思ったので今回も夫にお任せしました。

お味の方はなかなかすばらしく、とくにドルチェのデリーツイアアルリモーネが最高でした!
プリモピアットのエビのパスタもおいしかったですし、年配の店員さんがとても親切でした。

ただ夫があまりだったらしく、アンテイパストの量が少なくプリモピアットのソースがうまく絡まってないなど、厳しいご意見なのでした。どこかの料理番組を見ているかのようで、わりと家でも器用に作るため、料理にはすごくこだわりがあるのです。筆者は、幼い頃に両親からの学びのひとつに、好き嫌いなしでなんでも食べられるようにとしつけされたので、どれでも基本の料理はなんでも食べられますし、そんなにこだわりもないので、意見が夫とは合いません……。

料理が好きなら雑学でなく、シェフになるための本格的な料理教室へ通ってみたらと言っているのですが、なかなか夫の重い腰は上がりません。実は料理教室には筆者も学びたいと思っているので、いつか夫と一緒に習いに行こうかと検討中です!

筆者は白いご飯があればオーケーなタイプなので、時々そういったシンプルな食事に飢えるときもあります。なので、夫がいない隙間特にお昼時などに、お豆腐やわかめのみそ汁やご飯を炊き、海苔や昆布と一緒に食べるシンプルな日本食を作っておひとり様でほっこりしています。

また行ってきたところがありますので、どんどんとこれから更新していきますね!

ピッパ

Le Delizie del Mare

住所
Via Chellavanna, 21, 84019 Molina
電話番号
+39 089 211857
店内
店内
こちらのレストランでは珍しくパエリアも食べられます!
こちらのレストランでは珍しくパエリアも食べられます!
ショートパスタとマグロのラグーソース
ショートパスタとマグロのラグーソース
こちらはメイン料理で食べたタラのムニエル
こちらはメイン料理で食べたタラのムニエル

筆者

イタリア特派員

ピッパ

イタリアミラノへオペラ留学後日伊間を往復する暮らしを初め、結婚後はイタリア各地に移住。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。