【韓国】ソウル駅から高速鉄道KTXに乗ってみよう

公開日 : 2024年03月10日
最終更新 :
筆者 : miney

アニョハセヨ! 韓国特派員のmineyです。

今回は韓国のビッグターミナル、ソウル駅から高速鉄道KTXに乗ってみましたので、紹介します。

ソウル駅へ

韓国鉄道公社 ソウル駅の外観
韓国鉄道公社 ソウル駅の外観

ソウル駅は地下鉄、韓国鉄道公社(KORAIL)、空港鉄道と3つの運営会社に分かれています。今回、地下鉄ソウル駅から韓国鉄道公社のソウル駅に乗り換え、高速鉄道KTXに乗りました。空港から直接KTXに乗る方は、空港鉄道から乗り換えることができます。

ソウル駅の中
ソウル駅の中

高速鉄道KTXは日本の新幹線のような鉄道で時速約300kmで走り、韓国の各地へ行ける交通手段です。
2004年に運行を開始し、今年(2024年)で開通20周年を迎えます。

今回私は友人の住む釜山へKTXで向かいました。週末のソウル発釜山行きは2~3週間ぐらい前までに予約しておかないと、乗りたい時間に乗ることができません。そのため、事前にKORAILのアプリで予約決済をしてから、乗車しました。

ソウル駅 KTXホームへ

ホームへの入口
ホームへの入口

KTXに乗るときは日本のような改札口はなく、自由にホームまで入ることができます。全席座席指定のため、検札はなく、乗務員が車内の席をチェックしています。

お弁当の売店
お弁当の売店

ホームに降りる前に売店でお弁当や軽食を買うことができます。

KTXに乗車

停車中のKTX
停車中のKTX

出発10分前になったら、乗車ホームを電光掲示板で確認して下ります。乗る車両を確認し、乗車です。

KTX車内
KTX車内

KTXの座席のいいところは、リクライニングが後ろに倒れずに利用できるところで、後ろの人に迷惑になりません。

席の幅
席の幅

テーブルは前のトレーを引き出すと出てきます。さっそくお弁当をいただきました。ご飯いっぱいの豚肉弁当です。

ソウル駅で購入したお弁当
ソウル駅で購入したお弁当
USBポートとコンセント穴
USBポートとコンセント穴

窓側にUSBポートとコンセント穴があるので、充電が必要な方は窓側の席を予約しておくといいでしょう。絶縁区間では電源が利用できないと書いてあるのですが、そんなに不便は感じませんでした。車内では無料Wi-Fiも利用できます。

車窓から
車窓から

ソウル駅から釜山駅までは約2時間30分~3時間ほど(停車駅の数による)で着きます。スマホで映画を観たり、睡眠を取ったりしていたら、あっという間に到着。到着前に日本語のアナウンスと表示があるので、安心です。

到着の日本語案内
到着の日本語案内
釜山駅に到着
釜山駅に到着

到着が16分遅れてしまいましたが、無事に釜山駅に到着しました。
KTXのチケットを予約しておけば、簡単に地方旅行が楽しめるので、ぜひ利用してみてください。

韓国高速鉄道 KTX 公式予約サイト
https://www.letskorail.com/

筆者

韓国特派員

miney

ソウルの最新スポットやグルメ、生活情報などを中心にお届けします。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。