海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > ヨーロッパ > ドイツ > ミュンヘン > 観光スポット > 新市庁舎

ドイツ新市庁舎Neues Rathaus

ミュンヘンイメージ

1867~1909年に建てられたネオゴシック様式の新市庁舎は、ドイツ最大の仕掛け時計グロッケンシュピール Glockenspielで有名。聖金曜日と諸聖人の日を除く毎日、11:00と12:00(3~10月のみ17:00も)に約10分間、32体の人形が動き出す。この人形はなんと等身大。内容は、1568年のバイエルン大公の結婚式を祝うもので、騎士が馬上槍試合をしたり(勝つのは青と白の旗のバイエルン騎士!)、ビール樽を作る職人たちが踊る。21:00には夜警と天使とミュンヘン小僧 Münchner Kindlが出てきて、おやすみのあいさつを送る。高さ85mの市庁舎の塔にはエレベーターで昇れる。

住所
Marienplatz 8
交通アクセス
【U】【S】Marienplatz下車。
開館時間
【塔の入場】 月~金10:00~20:00
土10:00~16:30
日・祝10:00~14:30
※入場は閉館15分前まで
定休日
1/1、5/1、12/25・26
料金
€3

地球の歩き方からのオススメ情報

新市庁舎の口コミ

ランドマーク的存在です

評価 ★★★★★

ミュンヘンのへそ マリエン広場にある巨大なゴシック様式の塔というか...

続きを見る

新市庁舎の口コミ一覧

ミュンヘンのおすすめホテル

ドイツ の海外航空券

ミュンヘンのおすすめツアー

ミュンヘンの現地ツアー