海外旅行・観光情報の「地球の歩き方」TOP > 地球の歩き方ガイドブック > シリーズ > ガイドブック C 太平洋/インド洋の島々&オセアニア > 地球の歩き方 ガイドブック C02 ハワイ2 ハワイ島 マウイ島 カウアイ島 モロカイ島 ラナイ島 2019年~2020年版

地球の歩き方 ガイドブック C02 ハワイ2 ハワイ島 マウイ島 カウアイ島 モロカイ島 ラナイ島 2019年~2020年版

地球の歩き方編集室
定価:本体1,600円+税
発行年月: 2019年02月
判型/造本:A5変並製
頁数:352
ISBN:978-4-478-82297-5

本当の「楽園」はここにある。ワイキキの喧騒から離れ、雄大な自然に抱かれてオールドハワイを楽しむ。1泊以上離島に滞在する人にぴったりの1冊。

以下で購入する

地球の歩き方 ガイドブック C02 ハワイ2 ハワイ島 マウイ島 カウアイ島 モロカイ島 ラナイ島 2019年~2020年版の内容紹介

誰もが憧れるオアフ島(ワイキキ)は、まだ旅の入口。その先には、ハワイの達人たちが愛するネイバーアイランドがある。限られた時間内で個性的な各島を攻略するためのモデルプランや、初めての人にも安心なアイランド・ドライブ攻略法も伝授している。

地球の歩き方 ガイドブック C02 ハワイ2 ハワイ島 マウイ島 カウアイ島 モロカイ島 ラナイ島 2019年~2020年版の詳細

2019~2020年版には以下の内容が収録されています。

★それぞれ違った表情を見せるハワイの島々(ネイバーアイランドのハワイ島/マウイ島/カウアイ島/モロカイ島/ラナイ島)の魅力を1冊にまとめてご紹介。

<3大折り込みマップ>
ハワイ島/マウイ島/カウアイ島

<巻頭グラビア>

●特集1 ネイバーアイランドへの誘い
「大自然&オールドハワイ、素顔のハワイはここにある!」
・ハワイ島  日本から直行便が就航するハワイ最大の島
・マウイ島  豊かな自然とビーチリゾートが同居する島
・カウアイ島 映画の舞台に使用される緑豊かな庭園の島
・モロカイ島 オールドハワイが色濃く残るゆるやかな島
・ラナイ島  究極のリゾートが楽しめる神が降り立つ島

●特集2 マウナ・ケアとキラウエア火山最新情報
「ハワイ島2大人気ツアーを体験」
・マウナ・ケア星空観測とサンライズツアー
・ヘリコプターで巡るキラウエア火山遊覧ツアー

●特集3 ハワイ各島で見つけた注目の料理やスイーツを満喫

●特集4 ネイバーアイランドらしさいっぱいのおみやげ探しへ


<ホノルル乗り継ぎ情報>
●諸島間航空会社/ホノルル国際空港での手続き/オアフ島概略

<ハワイ島、マウイ島、カウアイ島、モロカイ島、ラナイ島:おもな各島別情報>
●限られた時間内で、各島を攻略するためのフリータイムのモデルプランや各島滞在のプランニング
●各島ごとのエリア情報と見どころ、空港情報、交通情報、レストラン、ショップ、ホテルその他
●初めての人にも安心なアイランド・ドライブの攻略法も伝授

<各島のおもな見どころ>(一部を抜粋)
●標高3000mを越えるハレアカラのサンライズ、古都ラハイナでロマンティックなストリート散策、『天国のようなハナ』へのロングドライブのマウイ島。火の神ペレが住むキラウエア火山周辺のトレッキングやドライブで地球の鼓動を聞く、標高4000mのマウナ・ケアからのサンセットとスターゲイジング、日系人の繁華街として栄えたヒロのダウンタウンで郷愁に浸るハワイ島。太平洋のグランドキャニオン、ワイメアで雄大な渓谷美に酔い、遺跡と伝説の地ワイルアでシダの洞窟、小人族メネフネの伝説の世界に迷い込むカウアイ島。広大な赤土の大地、独り占めのビーチ、ハワイ最後のパラダイスであるラナイ島。そして、ゆっくりと時間の流れる未開発の島モロカイ島で何もしない贅沢を味わう。

<その他>
●他誌ではあまり取りあげられることのないラナイ島、モロカイ島の情報を詳細地図と一緒に掲載。さらにカホオラウェ島そしてニイハウ島の情報も。
●ホノルルからの日帰りツアーでは出合えなかったネイバーアイランドの素顔と楽しみ方を満載!  
●サーフィン、スクーバ・ダイビング、スノーケリング、シーカヤック、トローリング、乗馬、ゴルフなどのスポーツアクティビティはもちろんのこと、グルメ&ショッピング情報も収録している。

<旅の準備と技術>
●「旅のプランニング」から「主要空港へのアクセス」「入出国手続き」「旅のトラブル対策」まで

*予告なく一部内容が変更される可能性もあります。予めご了承ください。

以下で購入する

電子書籍もあります

状況によって配信している電子版が旧版の場合がありますので、年度表示にご注意ください。

おすすめの記事