ボルドー発祥のお菓子、カヌレ。

公開日 : 2015年09月25日
最終更新 :

最近日本でも人気のカヌレ。実はボルドー発祥のお菓子です。

まずは少しだけ歴史を。

ボルドーと言えばもちろんワインですよね。

そのワインを造る際に《コラージュ(collage)》という作業を行います。

これは熟成中の赤ワインの樽に卵の白身を入れ、ワインを濾過することを指します。

つまり、ワイン王国のボルドーでは毎年かなりの数の白身を利用していました。

そして余るのが卵の黄身。

この黄身を利用して造られたお菓子がカヌレだと言われています。

ボルドーにはこのカヌレの専門店がいくつかあります。

代表的なお店はBAILLARDRAN(バイヤルドラン)。

No2-1.JPG

持ち帰りはもちろん、カフェスペースがあるお店もあります。

飲物を一杯頼むと、小さなカヌレが一つ付いてきます。

No2-2.JPG

最初のころ私は知らずにもう一つカヌレを注文し、エスプレッソにカヌレ2つ食べた思い出があります。

そして意外と知られていないのが、焼き加減が注文できること。

『bien cuit s'il vous plaît』(ビアン・キュイ・シルヴプレ)

と言うと良く焼きカヌレがもらえます。

焼き加減も人に依り好みはそれぞれ。

自分好みの焼き加減を是非見つけてみてください。

最近はカヌレ型の砂糖も販売しています。

No2-3.JPG

カヌレと異なり日持ちのする砂糖。

ボルドー土産の一つにも。

そしてもう一店。

ボルドー中心街などかなり交通の便の良いBaillardranとは異なり、少し中心街とは離れたところにあるお店、Toque Cuivrée(トック・キュイヴレ)。

No2-4.jpg

ボルドーで一番おいしいカヌレが食べられるお店として有名な一店です。

お店はかなりシンプルな造り。

装飾や場所代にお金がかかっていない分、カヌレが1€以下で買えてしまうという驚き。

味はバニラがかなり効いている印象。

焼き加減や中のしっとりさも異なります。

このお店ではそれぞれの店舗でカヌレを焼いている、そしてほぼ毎日売り切れるのでカヌレの鮮度はかなり良いです。

この2つのお店以外にもボルドーではとても簡単にカヌレを見つけることができます。

フランスではカフェでコーヒーなどを頼むと小さなお菓子がついてくることが多いのですが、ボルドーではカヌレが良くついてきます。

色々なお店のカヌレを食べ比べるのもボルドーの楽しみ方の一つかもしれません。

是非お気に入りのカヌレを見つけてみてください。

共に数店舗かあるのでBAILLARDRAN(バイヤルドラン)はイートインスペースのある2店舗を。

111, rue Porte-Dijeaux 33000 BORDEAUX

電話番号:+33 (0)5 56 51 02 09

月曜日から土曜日まで 8時から19時半まで

日曜日 10時から19時半まで営業

29, rue Porte-Dijeaux 33000 BORDEAUX

電話番号: +33 (0)5 56 52 87 45

月曜日から土曜日まで 9時半から19時半まで

日曜日 10時から19時半まで営業

Toque Cuivrée(トック・キュイヴレ)はボルドーから一番近い店舗をご紹介します。

151-153 Boulevard Godard 33 110 Le Bouscat

電話番号: +33 (0)5 56 10 59 53

月曜日から土曜日まで 8時から19時まで

日曜日 8時から13時まで営業

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。