皇帝の大好物だったデザートが離乳食に!

公開日 : 2014年07月20日
最終更新 :

実質上、最後の皇帝としてハプスブルク帝国に君臨したフランツ・ヨーゼフ一世。

彼が、カイザーシュマーレン(カイザーはドイツ語で「皇帝」の意)という、オーストリア風パンケーキのプラム添え、またはアップルムース添えを好んで食べたことは有名ですが、実は離乳食にもこのフレーバーが存在するのです!

Hipp-kaiserschmarrn-b.JPG

こちらはプラムではなくアップルムース・フレーバータイプ。

オーストリア人創業のオーガニック離乳食で定評のあるヒップ社から販売されています。

生後10か月から食べられるので、ご興味がおありの方は、ドラッグストアで探してみて下さいね!

ウィーンミッテ駅構内にある、ミューラーでも売っていますよ。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。