何とも耽美なクリムトのトルテ

公開日 : 2011年11月25日
最終更新 :
Klimt-Kuss-b.jpg

グスタフ・クリムトとは、こちらのブログでも昨年2度にわたり紹介いたしましたが、(クリムトが捧げるベートーベンへのオマージュ 1クリムト傑作「この接吻を全世界に」2 参照)1862年ウィーン生まれのアール・ヌーボー芸術を代表する天才画家の一人。1918年にその生涯を閉じるまで、常にウィーンを拠点に活動しつづけただけあり、美術史博物館内の壁画やウィーン大学大講堂の天井画など、ウィーン市内には彼の残した作品にあちこちでお目に掛ることができます。

(左写真、クリムト傑作「接吻」1907/8年、ベルヴェデーレ宮殿美術館所蔵)

そんなウィーンの申し子、クリムトの生誕120周年とあり、こちらでは少々時期尚早ながらも、既に彼の絵画様式を忠実に模したケーキがローンチされました!

Klimt-Surprise-torte1-b.jpg

今回著者が食べてみたのはカフェ・ツェントラルの気鋭シェフが腕によりをかけたKlimt Surprise(クリムト・サープライズ)というトルテ。19世紀末にヨーロッパで大流行したジャポニズムから多大な影響を受けたとされるクリムト。そんな彼のお気に入りのモティーフである金箔の唐草模様が、オリジナルのデザインそのままに、丸いトルテの周囲とトップのデコレーションにあしらわれている様子は何とも絢爛で、固唾をのんで眺めているだけでも耽美の渦に巻き込まれていきそうな錯覚を覚えます。

一口食べてみると、カラメルのとろりとした甘味とピスタチオの香ばしさが口中で絶妙な競演を繰りひろげ、ヴィジュアル同様、テイストの方でも甘美さ極まることこの上なし。閑雅で高貴な見栄えや味というよりは、俗塵のただ中からこそ感じ取れるような、クリムト独特の官能や妖艶さが濃厚に感じ取れる作品。クリムトファンならずとも、一度は味わってみたくなる非常に個性的なウィーンのスイーツです。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。