スイス・ルツェルンへ来たら、行くべきオススメスポット

公開日 : 2016年08月04日
最終更新 :

スイス観光でも有名なルツェルン、スイス有数の観光都市でもあります。

ルツェルンはスイスの中央部に位置し、観光のハブにもなっています。ここを拠点に観光へ出かける方も多くいるのではないでしょうか。

今回は、ルツェルンのオススメスポットをご紹介!

オススメ観光スポット、見逃せないポイントはこちら!

1)溺死のライオン記念碑

観光旅行のルートに必ず入ってくるのが、こちらの観光名所、ライオン記念碑。

フランス革命で、チュルリー宮殿のルイ16世とマリーアントワネットを最後まで守り、戦死したスイス傭兵の慰霊碑で、その英雄を讃え、デンマークの彫刻家トルバルセンが1821年に制作した物です。

オススメの理由:

ガイドブックなどにも紹介されていますが、現物を目の前ににすると、想像していたよりも大きくて、驚かされます。是非、実物をごらんください。

名称:Löwendenkmal

住所:6006 Luzern, Switzerland

料金:無料

19_arukikata_kankou640×480_credit .jpg

2)カペル橋

18_arukikata_kankou640×480_credit .jpg

ルツェルンでも、最も有名な観光名所、木造橋。夏になる前に、橋の両サイドに綺麗な花が飾られ、6、7、8月と花が綺麗が咲いているカペル橋を見ることができます。

お天気の良い日は、橋とピラトゥス山を1度に、見ることができ、素敵な風景を見せてくれますよ!

橋の大部分が焼しましたが、橋を上っていくと屋根の下に、ルツェルンの守護聖人伝記や歴史が描かれた絵が飾ってあります。火事でこちらも焼け落ちてしまいましたが、オリジナルの絵が数枚残っているので、見る価値ありです。

オススメの理由:

カペル橋は、木造の橋としては、世界最古とも言われています。観光の際は、是非、世界最古の木造橋をご自分の足で渡って体感してみてください。

名称:Kapellbücke

住所:6002 Luzern, Switzerland

料金:無料

3)ピラトゥス山

20_arukikata_kankou640×480_credit .jpg
17_arukikata_kankou640×480_credit .jpg

ルツェルンからピラトゥス山頂までは行く方法は、船、電車、バス、ゴンドラといろいろな方法で行くことが出来ます。

1つのルートとしてご紹介すると、ルツェルン中央駅から電車で、アルプナハシュタッド駅(Aplnachstad)まで電車で行き、ピラトス鉄道(Pilatus Bahn)で山頂を目指す行き方があります。

こちらのルートの所要時間は約1時間です。しかし、ピラトゥス鉄道車両は、乗れる人数が決まっているので、乗車する人が多い時には予定時刻のピラトス鉄道ではなく、30分〜40分ほど待ち、次の電車に乗車する事もあります。時間には余裕を持ってピラトゥスへ向かうといいですよ。

オススメする理由:

山頂からの景色は絶景です。晴れている時には、ルツェルンを上から見下ろす事ができ、夏休みの時期には、緑に色づいた山が見れたり、冬には白く雪化粧した姿を見れたりと、素敵な景色を見せてくれます。

ピラトス鉄道は、普通鉄道の中でも、世界一の急勾配なのです。是非、この世界一の急勾のピラトス鉄道を体感してみてください。

名称:Pilatus Kulm

住所:6010 Alpnach, Switzerland

料金:82.40フラン(ルツェルン中央駅〜ピラトゥス山頂までの往復券)

4)旧市街地

16_arukikata_kankou640×480_credit .jpg

ルツェルンの旧市街(アルトシュタッド/ Altstadt)は石畳で、街の中には素敵なフレスコ画画が沢山あります。特にワイン広場にはフレスゴ画が集中していて、重圧感たっぷり!

一見の価値ありです。

他にもお洒落なショップやカフェ、レストラン、ファミリー向けのレストラン、お土産屋などもあるので、散策するだけでも充実した時間を過ごせると思います。

オススメの理由:

旧市街から少し歩くとロイス川を眺める事ができます。

カペル橋とシュプロイヤー橋の間にある、クラムガッセ(Kramgasse )にはベンチがあり、そこからカペル橋とリギを眺める事ができるので、オススメスポットです。

名称:Altstadt(旧市街)

住所:6004 Luzern Schweiz

料金:散策無料

5)ムーゼック城壁

旧市街を囲むムーゼック城壁。14世紀後半に建てられ、現在は9つの塔が残り、実際に上れるのは4つの塔、メンリ塔(Mänliturm)、ワハト塔(Wachtturm)、時計塔(Zeittrurm)、シルマー塔(Schirmerturm)になります。

時計塔に掲げられた、ルツェルン最古の時計は今も現役で、街中にある他の時計よりも1分早く金を鳴らす特権が与えられています。

夏季の時期は、城壁にも登る事ができ、そこからの眺めもルツェルン湖と市内を一望できて、素晴らしいです。

オススメの理由:

市内からも城壁へ登る事が出来ますが、ロイス川から城壁を見に行くのもオススメ。少し離れた場所から城壁を眺めれば、各塔を一度に見れるので、オススメの散策スポットです。是非、城壁を登り終えたら、今度は少し離れた場所から、城壁をご覧ください。

名称:Museggmauer

住所:Schirmertorweg, 6004 Luzern Schweiz

料金:無料

溺死のライオン記念碑の情報:

http://www.luzern.com/de/lion-monument

カペル橋の情報:

http://swissjoho.com/facilities/archives/13145

http://www.stadtluzern.ch/de/dokumente/fotoalbum/?action=showgallery&galid=8821&themenbereich_id=8&thema_id=116

ピラトゥス山の情報:

http://www.pilatus.ch/ (独、英)

ムーゼック城壁情報:

http://www.museggmauer.ch/(独)

http://ameblo.jp/swissjoho/entry-12182964497.html

この記事が役に立ったら、このリンク⇒にほんブログ村をクリックしてくださいね!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。