スロヴェニアへ行く際のお金の持って行き方

公開日 : 2016年09月28日
最終更新 :

 今回は、スロヴェニア旅行の際におけるお金事情がテーマです。 スロヴェニアの通貨はユーロです。EU加盟国な上に、シェンゲン協定に加盟していますので移動が楽な国でもあります。 例えば、旧ユーゴスラヴィアの、クロアチア、セルビア、ボスニア、そしてマケドニアへ移動する際はパスポートチェックがあったり、通貨が各国違うので少し面倒に思われるかもしれません。その対応策も書いていきます!

d0914_ph03_03.jpg

(画像は、http://eumag.jp/behind/d0914/から引用しました。)

 現地人の普段のお金の持ち方

 まず、スロヴェニアではクレジットカードは日本ほど浸透していません。きちんと仕事がある人がクレジットカードを所有していても使用頻度は圧倒的に少ないです。その代わりに浸透しているのが、日本でいうデビットカードです。デビットカードはクレジットカードと違い、使用した時すぐに口座から使用金額が差し引かれる仕組みになっています。現地の人はこのカードを多用しています。但し、多くの人が現金派と見受けられます。したがって、スロヴェニアに来る際はユーロを用意しておいたほうが何かと便利だと思います。

 メジャーなクレジットカード会社

 メジャーなクレジットカード会社は、Maestro、VISA、そしてMasterCardになります。日本の観光客が増えてきているとはいえ、JCBは使える可能性が低いので、前に述べた2社のカードを持っていればとっても便利だと思います。

 こんなお店はカードが使えない

 一般的にどこのお店でもカードが使えますが、たまに小さなバーやカフェ(飲み物がメインのお店)では現金のみの場合があります。観光地のお店、ホテル、ホステル、そしてレストランはほとんどカードが使用できますのでご安心ください。

 特派員おすすめお金の持ち方

 用途にもよるのですが、あまり大きな紙幣は持ち歩かない方が賢明です。スロヴェニアで大きなお買い物をする場合が別ですが、50ユーロ紙幣を何枚も持つよりは20ユーロ紙幣を持っていた方がいいでしょう。ちなみに、スロヴェニアでチップは必ず渡すものでありません。もし皆さんが満足されたようであれば払えばいいと思いますよ。あまり深く考えないでください。しっかり提示額を支払えば問題ありません。

 豆知識

 一般的にヨーロッパはデビットカードでATMから24時間お金が下ろせます。私もバルカン諸国、アルバニア、イタリア、オーストリア、モロッコへ行った時もこのスロヴェニアで使用しているデビットカードでお金をおろしていました。国によって手数料がかかりますが、時間の節約になり使える分だけ下ろせるというのがいいなと思いました。 皆さんはクレジットカードを持ってくると思うのですが、キャッシングを有効にしたものを持ってくると色々便利かもしれません。通貨が異なる国を旅行する場合、その都度なれない場所で両替店を探すのも面倒ですし、観光客を目当てに為替を高く設定するお店が多いです。個人的にはその国へ行ってATMで下すというのが便利かなと思うんです。ぜひ皆さんのクレジットカード会社へ手数料、上限金額をお問い合わせの上カードを使用してください。

IMG_2496.JPG
IMG_2495.JPG

上の2枚の写真はスロヴェニアのATMの写真です。主にNLBかAbankaをよく見かけるのではないかと思います。もちろんこのほかの銀行のATMもあります。Bankomatと書いてあるのがATMの目印です。

そして、当たり前ですが、クレジットカードのパスワードを覚えておきましょうね。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。