知らないと損!?フランスでのレストランマナー。

公開日 : 2016年11月11日
最終更新 :

気づけばボルドーのレストラン・カフェに200件以上、フランス全土だと軽く300件程行っていることに気づきました。

ちょっと行き過ぎの気もしますが、それがお仕事につながっていたりもするので、あり難い話です。

ということで今回はいつもと趣向を変えて、フランスでのレストランマナーについてご紹介します。

まずは私が「えっ!???」と思ったものを今回はご紹介しようと思います。

《サービス人を呼んではいけない》

IMG_1454.JPG

日本のガイドブックには「ムッシュ」と店員さんを呼んで注文を、と書いていることが本当に多いですが、正直それは間違っています。

フランス的には「待つ」。

なかなか来てくれないこともあります。が、それでも待つ。

フランスではサービス人の地位が高いのです。

それぞれに担当テーブルがあったり、サービス人の考えている(何も考えていないかもしれませんが)順序があったりするのでお金を払っているといえども待つことが正解。

時々「それは私の担当テーブルではないので」と断られたりもします。

料理が運ばれてきたのにフォークやナイフがない等、何か不具合があった時はもちろん呼んで対応してもらいます。

食事の途中に声をかけに来てくれることがとっても多いので、その時に言うのも良いと思います。

折角の地球の歩き方なので、今度レストランマナーの記事をいくつか書いていきたいと思います。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。