フランスでのワインのコスパ。

公開日 : 2017年02月03日
最終更新 :

今日は何を書こうかなと悩んだのですが、お客様に時々聞かれる質問について書こうかなと思います。

IMG_4812.JPG

《いくらくらいのワインを買えばいいの?》

一概に何がおいしいかは言えないのですが、大まかな金額と地域について書こうかなと思います。

金額はフランスの一般的なスーパーで買うことを想像してくれればなと思います。

ですので、ワインショップで買うともう少し高くなります。

例えばボルドーワインでは...

IMG_4592.JPG

5€以下のワインは飲まない方が良い!

樽の香りを出すためにオークチップを入れていたり、酸化防止剤をたくさん入れていたり、頭が痛くなる要素がたくさんあります。

ワインが嫌いになってしまいます...。

10€から20€のワインはおすすめ!

これは失敗できる値段だからという意味も込めて。

私が普段飲んでいる値段は10€以下のものも多いですが、それだと失敗する可能性がとっても高い。

シャトー見学に行ったり、試飲してから飲める時しか10€以下のワインは買いません。

10€から20€のワインだと失敗することはほぼないです。

15€を超えるとほぼ失敗することはないですね。

20€以上のワインは?

それより高いワインだと、有名シャトーのワインが買えてしまいます。

ファーストワインは高いけれども、セカンドワインだとこの価格で、などなど。

間違いがほぼないですね。

友人へのお土産などを購入するときはこの価格帯がおすすめです。

IMG_4516.JPG

ちなみにですが...私が普段買っているのは

10€をちょっと切るくらい→家のみ用

10€から15€→友達が来たとき

15€から20€→ワインを知っている友人が来たとき

20€以上→何か特別なシチュエーションのとき

といった感じでしょうか。

日本でワインを買う感覚で買うと、びっくりするほどおいしいワインに出会えることもあるので、是非挑戦してみてください!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。