デメルの隠れた代表作、アンナトルテ

公開日 : 2017年06月09日
最終更新 :

皇室御用達デメルと言えば、ホテルザッハーと並んでザッハトルテを創作したとして有名なパティスリー。しかし、ここにはザッハトルテと並ぶ隠れた代表作が存在するのです。

Demel-Annatorte-2017-500.JPG

こちらがそのケーキで、アンナトルテと呼ばれるもの。

トルテとはドイツ語でケーキの意で、アンナというのは当時カフェ・デメルのオーナーであったカール・デメル・ジュニアの義理の姉の名前から取られました。

内容はトリュフを主体としたケーキで、こっくりとした3つのビスケットの層から成りたち、間にはヌガーとオレンジリキュールのたっぷりと入ったチョコレートのバタークリームが挟まれているというリッチなもの。またケーキの上には、波状に盛り上げられたゴージャスなヌガープレートが飾り付けれられているため、その個性的な見栄えから一目でアンナトルテと認識することができます。

焼き菓子の要素が強めのザッハトルテが生クリームを添えなければ少々乾燥した食感であるのとは対照的に、こちらはクリームメインでしっとりとしているため、ケーキ単品でも楽しめるようになっているのが特徴です。若干甘めですので、一緒にメランジェ(ウィンナーコーヒー)やお紅茶をオーダーすると、さらに素敵なひと時を過ごせることでしょう。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。