フランスのレストランでの禁止事項

公開日 : 2017年07月02日
最終更新 :

私はワインを中心としたガイド/通訳をさせて頂いており、お客様とレストランをご一緒する機会もとても多いです。

そこで、日本とフランスにおいて、レストランでの振る舞いの違いについてお話すると皆さん驚かれることが多いので、今回はそれを記事にしようと思います。

IMG_3185.JPG

《すいません、と店員を呼び止めない》

日本では私たちが何か店員さんに用事があるときは「すいません」と店員さんを呼ぶことがとっても多いです。

ですが、フランスではあまり良くない立ち振る舞いです。

店員さんはそれぞれのテーブルに担当があり、担当以外のテーブルについては全く知らないことがほとんどです。

例え呼び止めたとしても、「僕の担当ではない」と言われるのが関の山。

メニューも持ってきてくれるし、注文も待っていたら来てくれます。

ただ、明らかに料理が来るのが遅かったり、すぐにお会計をして欲しい時などは自分のテーブル担当の人に声を掛けましょう。

声をかけてもすぐに対応してくれないことも多いので、諦めてもう少し待ってみてください。

《お皿の上のソースをパンで掬って食べない》

IMG_4421.JPG

これが一番日本人の方にびっくりされることです。

日本ではお皿の上のものを綺麗に食べると"おいしかった、ありがとう"と言う意味になりますよね。

フランスではパンでソースをすくって食べると、"未だ食べたりない、もっと持ってきて"という意味になります。

ブラッスリーやビストロなど気楽なレストランで、私たちが注文した分だけを持ってきてくれるレストランでは問題はないと思いますが、星付きレストランなどの良いレストランでは控えた方が良い行動です。

同じ意味ですが、料理を残しても問題がないのがフランス。

"お腹いっぱいになるほど料理を出してくれてありがとう"という意味になります。

もったいない文化の私たちには若干受け入れがたいですよね。

ちなみに、家に人を呼んでもみんな綺麗に食べきってくれません。

また何か文化の違いを思い出したら記事にしたいと思います。

ツアーの申し込み以外にも、何か意見等ありましたらプロフィールにリンクを貼ってありますので、お気軽にお問い合わせください。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。