都会の隠れ家的存在、"Gradwohl"でオーガニックベーカリーを

公開日 : 2017年07月16日
最終更新 :

数年前からウィーンっ子たちが足しげく通う旧市街の隠れ家的スポットで、ベーカリーを中心に品質の良いのオーガニック食で高評を得ている"Gradwohl"(グラードヴォール)を紹介します。

Gradwohl-kaffee-500.JPG

(写真はGradwohlのオーガニックコーヒー)

こちらはブルゲンラント州の家族経営のお店で、手作りをこよなく愛するとともに、独自の製法で丹念にパンを作ることを信条としたオーガニックベーカリー。

現在はもう引退した元シニアシェフのヨハン・グラードヴォールが1959年当時すでに健康食品のポテンシャルに目を付け、オーガニックや全粒穀物に関する知識と技術を生かしたベーカリーを創業したことが始まりです。現在でこそ持てはやされているものの、その頃はまだ知られていなかった数々の健康的なパン類を開発し、世の中に浸透させることに努めたと言われています。

Gradwohl-maroni-500.JPG

取り扱っている原料も、古代小麦のスペルト小麦、カラスムギ(オートの一種)、「驚異の穀物」、「未来の食品」などと世界中の耳目を集めるアマランサス、ライ麦、キビ・アワといったこだわり抜かれた穀物ばかり。

ちなみに私が昨日の朝食にいただいたのは上写真の、スペルト全粒小麦と栗を用いたペイストリーで、ヴァニラとラム酒のほんのりとしたアクセントが病みつきになります。他の競合ベーカリーが軒並み具の節約に励むなか、こちらは隅々までたっぷりとマロンペーストが詰められているため、どこをかじってもハズレがないのが嬉しいところ。

Gradwohl-schokomuffin-500.JPG

こちらは息子がオーダーした、やはり全粒スペルト小麦のチョコレートマフィン。ハチミツで甘みを出しているため、工場生産品特有のあざとい甘さとは無縁で、まるで家庭で振舞われたかのような素朴でヘルシーな味が特徴です。

この他にもサラダやスープ類、ミューズリ(オーストリア風オートミール)等も取り揃えられているので、私や同僚たちも仕事の際によくテイクアウトを利用しています。

悉くナチュラルな品質と製造にこだわった健康志向のプロダクトばかりであるため、添加物の味に慣れてしまっていると最初は物足りなく感じるかも知れません。しかし、ここの食品をはじめオーガニック製品を食べ続けると舌の感覚が鋭敏になるため、逆に化学調味料満載の工場生産品の味や甘みがどぎつく感じられるようになってくるから不思議です。

もしオーガニック最先進国オーストリアのベーカリー類にご興味があれば、ぜひお立ち寄りくださいね!

店舗情報 Gradwohl

住所:Naglergasse 3 Wien, 1010

(高級スーパー、ユリウス・マインルから徒歩1分)

営業時間 月~金 07:00 - 19:00、土 08:00 - 17:00

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。