DCの街を歩いて楽しい発見!アメリカの色んな「乗り物」と街の風景

公開日 : 2017年07月20日
最終更新 :
筆者 : IBIZA

海外に行くと、色やデザインなどからその都市らしさや、何を写真に撮ってもアートに感じたり、その風景だけで心躍る経験ありませんか?

今回は日常でワシントンDCで見つけた色々な「乗り物」を紹介します。

乗り物と風景からDCの雰囲気を身近に感じてもらえればと思います。まずは、DCといえば「赤色の乗り物」

Capital bikeshare

(キャピタル バイクシェア)

DC3.jpgのサムネイル画像

クレジットカードで支払うシステムのレンタル自転車です。

DCとDC近郊エリアも含めて現在で合計500近くもの数の設置場所(バイクステーション)があり、少しの移動(30分以内)だと、$2で利用できるので使いこなせればとても便利です。

※詳しくは、以下Capitalbikeshareのwebサイトから

Trolley(DCStreetCar)

トロリー

DC1.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

運行範囲は狭いですが、今の地点では無料で運行していてお得で便利です。

※詳しくは、以下DC Streetcarのwebサイトから

-ー

Metro Bus

メトロバス

DC2.jpg

同じく赤色&シルバーのバスです。今回の写真にはありませんが、DCのタクシーも同じ色合いです。

.

-

街で発見!編

-

DC4.jpg

見つけたら嬉しい気分になるのは紫色のICE CREAM (アイスクリーム トラック)

今回、紫色のカラフルなトラックでしたが、一般的には白色でアイスクリームのステッカーを貼っているのをよく見ます。

黒色のトラックは、配送会社のトラックで停まってる時も運転中もドアがない状態なので驚きました。

.

-

散策したエリアの街並み

-

Eastern Market

イースタン マーケット

※トロリーはこのエリアは走ってないので別のエリア(ユニオン駅周辺)で撮影

DC5.jpg

写真を見ると気付くと思いますが、DCにはあまり高い建物がありません。

最近は2階や3階建ての建物に1フロアー増築したり、高層マンションの建築ラッシュの進むエリアもありますが、だいたいはこのような写真の街並みです。

-

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。