スウェーデンでは夏の風物詩 楽しかった夏にひとときのお別れ ザリガニパーティー/ 北欧

公開日 : 2017年08月16日
最終更新 :
筆者 : る。

北欧・スウェーデンでは晩夏の頃に、ザリガニ料理を囲んでパーティーをする習慣があります。

crayfish sweden.jpg

これは、ザリガニ漁をしてもよい期間がかつては法律で定められていたことに由来します。

現在では冷凍のものや輸入もの等を一年中入手可能ですが、今でも伝統を引き継ぎ、ザリガニ漁が解禁されていた8月にザリガニパーティーを開きます。

ザリガニパーティー用の紙製の帽子やエプロンを身に着ける等、気合も十分。

ザリガニ料理といっても、ザリガニをkrondill(クローンディル)とビールで茹でるだけ。

crondill 3956.jpg

一般的にスーパーで売られているあのディルを、花が咲いてから収穫したものがkrondill(クローンディル)。

さわやかな香りがします。

北欧では8月半ばになると、朝晩は気温が下がり、秋物のカーディガンを羽織りたいと感じることも。

勿論、日中は太陽の光が眩しいくらい、まだまだ夏を感じますが、夏の終わりを感じる時期でもあります。

このザリガニパーティーで楽しかった夏を惜しみつつ家族や友人とひとときを過ごします。

スウェーデンの隣国ノルウェーでも、この時期にザリガニパーティー(krepselag)を行いザリガニを食べるようですが、スウェーデンのザリガニパーティー(kräftskiva)のように盛大ではない様子。

近所のスーパーマーケット等で生のザリガニが仕入れられることもあるとのことですが、スウェーデンのように一般的ではないようです。

因みに日本のIKEAでは、IKEA港北他でザリガニフェスティバルが開催されていて、イケアレストランでザリガニ料理を楽しむことが出来ます。

ザリガニを使ったパエリア等もメニューにあるようで、興味津々。

北欧の食文化に触れることが出来る良いイベントだと感じます。

8月20日(日)までとのことですので、ご興味のある方はぜひこの機会にご賞味下さい。

イケアのザリガニフェスティバル詳細:

* 掲載内容は記事公開時点のものです。

* All photos credit to the author.

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。