No.385フランス9/12(火)全国的にスト

公開日 : 2017年09月11日
最終更新 :
筆者 : 冠ゆき

ストに関するニュースは、twitterで流すようにしていますが、明日9/12予定されているゼネストは、フランス国鉄、空の便、都市交通、郵便局など、複数の部門にまたがっているので、今現在の時点で分かることを記事にまとめておきたいと思います。

358.JPG

航空便への影響

エール・フランスAir Franceには、欠航や遅れが出ると予測されています。

エールフランスは、9/13-15の別な便への変更(無料)を薦めています。行き先を変更したり、キャンセルをする場合には、1年有効のエールフランスで使える金券への交換となります。

9/12搭乗予定の方は、エールフランス公式サイトのInformationsから、Infos vols & aéroportsを選んで、当日の状況をお調べください。

もしも、搭乗予定の便が欠航となったり、5時間以上遅れて、乗るのをあきらめた場合は、払い戻しが可能となります。払い戻しについてはこちらのページをどうぞ。

フランス国鉄SNCFへの影響

大都市を結ぶTGVや国際列車Thalys, Eurostarについては、ストの影響はないとわれています。

ただし、私の住むフランス北部でもTERなど地元の列車のダイヤはかなり乱れるとされています(詳しくはこちらのサイト)。おそらく、全国的に、TERやIntercitésへの影響が大きいと思われます。

パリ郊外列車への影響

パリも同様で、郊外列車への影響は大きいとみられています。現在の時点の発表は下の通り。

RER A線は3本に2本の運行。

RER B線、Transilien R線では、2本に1本しか運行されません。

C線、D線は、3本に2本の運行。

郊外列車N線は4本に3本の運行。

U線は、5本に4本の運行。

ただし、パリのバス、メトロ、トラムへの影響は、ほぼなしと発表されています。

メトロ、トラム、バスなど都市交通への影響は、地方によってそれぞれ異なるようです。今のところ、フランス北部では、トラム、バス、メトロとも、ストの影響は被らないとTranspole は発表しています。

観光施設のスト

また、観光客に影響が大きいのが、観光施設のストです。

例えば、ヴェルサイユ宮殿は、9/12(火)は、10時半まで閉館の予定。10時半以降、開くかどうかについては、当日10時半にならないと発表しないと言っています。

まだ発表はされていませんが、そのほかの文化施設も、閉鎖の可能性がありますので、お気を付けください。

続報があれば、twitter で流すつもりにしています。必要な方は、適宜ご覧ください。

(冠ゆき)

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。