新鮮な味・香り・色!南房総館山のフルーツと野菜を使用した無添加ジャム「館山フルーツ工房」(千葉県館山市)

公開日 : 2018年01月13日
最終更新 :

こんにちは。

房総特派員の、さくらパパこと嶋津彰一です。

今日は、テレビ朝日系の「人生の楽園」など多くのメディアで取り上げられ、注目を集める千葉県館山市の「館山フルーツ工房」さんを紹介します。

H300104tateyamafruit01.jpg

千葉県館山市は、房総半島の南端に位置し、温暖な気候と長い日照時間を活かして、露地や温室で数々の南国フルーツが栽培されています。

また、それらのフルーツは、決して大きいとは言えない数々の農園が、それぞれのこだわりを持ち手間ひまかけて育てられているものであり、味と香りが良く、糖度が高いことが特徴です。

「館山フルーツ工房」では、美味しいフルーツを栽培する農園から、完熟したフルーツを直接仕入れ、新鮮なまま独自の製法により、フルーツ本来の味や色、香りを味わうことができる、ジャムやドレッシングなどの製品に仕上げています。

H300104tateyamafruit02.jpg

「館山フルーツ工房」は、館山市内の半導体工場で技術者をしていた 礒部 克(いそべ しのぶ)さんが、工場が閉鎖となったことを契機に、"館山では多くの農作物が栽培されているが、これをジャム造りに活かすことが出来ないか?"と考え、始めたそうです。

職場の同僚の紹介で知り合ったという奥さんの直子(なおこ)さんとの、二人三脚による製品開発には、理系ならではの専門知識が活かされています。

H300104tateyamafruit03.jpg

店舗の住所は、千葉県館山市館山1024-3

JR館山駅から徒歩10分、"渚の駅"たてやまから徒歩8分、館山城山公園から徒歩8分のところにあります。

H300104tateyamafruit04.jpg

決して広いとは言えない店内には、こだわりにこだわって製造された、約20種類余りの無添加ジャムやドレッシングがズラリと並んでいます。

H300104tateyamafruit05.jpg

セレクトした農園を味わっていただくため、それぞれの製品に農園名が入っています。

また、苦みや刳みをもつフルーツ(未熟マンゴー、パッションフルーツの皮、アケビの皮、柑橘の皮など)の風味を残し、手間ひまかけて苦み等を取除く独自の方法を開発し、無添加のジャムやドレッシングに加工しています。

H300104tateyamafruit06.jpg

「館山 鈴木農園の(パッションフルーツ) 百香果ジャム」「館山 森宅農園の 青マンゴージャム」

H300104tateyamafruit07.jpg

「館山 大清水農園の 梨ジャム」「館山 弥一兵衛農園の びわジャム」

H300104tateyamafruit08.jpg

「館山 小澤農園の 青レモンのマーマレード」「館山 アロハガーデンたてやまの パパイヤジャム」

H300104tateyamafruit09.jpg

「館山 たてやまかおり菜園の なすジャム」「南房総 コロコロ農園の あけびジャム」

H300104tateyamafruit10.jpg

「館山産レタスと甘夏のコンフィチュールドレッシング」

「館山産いちじくを使用した出汁醤油ドレッシング」

「館山産パッションフルーツと玉ねぎを使用したコンフィチュールドレッシング(カレースパイス風味)」

H300104tateyamafruit11.jpg

製造装置にもこだわっています。

デリケートなフルーツを、傷めずに泡で洗浄する洗浄機、短時間で煮上げ、色と香りを悪くする酸化を抑える高効率蒸気二重釜と、ハイパワーで二酸化炭素排出量が少ないガス蒸気ボイラ、風味を逃さず連続的に二段階の裏ごしをするフィニッシャーなどなど。

H300104tateyamafruit12.jpg

いくつかの製品を共同して企画開発されている、野菜ソムリエの安西 理栄(あんざい りえ)さんにもお越しいただきました。

H300104tateyamafruit13.jpg

これまでに、早春の館山を代表する特産品である菜花、甘夏、そして地元老舗蜂蜜専門店ひふみ養蜂園さんの「純粋菜の花はちみつ」を使った春らしい爽やかなドレッシング、「館山産菜花と甘夏のドレッシング(はちみつフレンチ)」などを製品化しました。

H300104tateyamafruit14.jpg

礒部 克(いそべ しのぶ)さん(右)  安西 理栄(あんざい りえ)さん(左)

H300104tateyamafruit15.jpg

今日は、さくらパパは、安西 理栄さんもオススメの「館山 たてやまかおり菜園の なすジャム」とトーストの朝食にしました。

「館山フルーツ工房」さんの詳細については、こちらをご覧ください。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。