カフェ ラントマンのスペシャリティ3 フランツィスカーナーとカフェ毎に異なるウィンナーコーヒーのアレンジ

公開日 : 2018年01月19日
最終更新 :

カフェラントマンのスペシャリティ(その1)で、最近お気に入りのリキュール入りコーヒー"フランツ・ラントマン・カフェ"を紹介しましたが、今回はウィンナーコーヒーの第2弾。

フランツィスカーナーです!

Landtmann-Franziskaner-2017-640-001ges.JPG

このフランツィスカーナーとは本来、

「シングルのエスプレッソにたくさんのミルクと砂糖を混ぜ、それにティースプーン2杯分の生クリームとチョコレート・コポー(鰹節上に削られたチョコレート)をトッピングし、専用のグラスに入れて供されるコーヒー」

のこと。ただし、カフェ ラントマンでは独自のアレンジが加えられており、

「薄めたエスプレッソとミルクを混ぜたものに、生クリームとパウダーチョコレートをトッピングしたコーヒー」

で、グラスではなくコーヒーカップにて供されています。

また同じくラントマン系列でシェーンブルン宮殿内にあるカフェ レジデンツでは更に捻りが施され、

「メランジュ(※)のフォームドミルクの代わりに生クリームを添えたもの」

となっています。

(※)エスプレッソとミルクが1対1の割合で混ぜられ、フォームドミルクがトッピングされた代表的なウィンナーコーヒー。

更にオーストリア航空のビジネスクラスでサーブされているフランツィスカーナーは、エスプレッソではなく通常のブラックコーヒーを用いていたような記憶が・・・。(もし変更されていたらごめんなさい!)

やはりスペースに限りのある機内では、それほど多くの機器や材料を搭載するのは難しいでしょうし、多少のアレンジは仕方ないですよね。

さてお味の方ですが、普通に美味しかったですよ。

でも、寒い季節にはやっぱりリキュール入りのコーヒーの方が個人的に好みかな(笑)。

また、このアレンジはフランツィスカーナーだけではなく、他のウィンナーコーヒーでもよく見られます。コーヒー好きの方であれば、ウィーンのカフェハウスで色々と飲み比べをしてみるのも一興かも知れませんね!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。