街の鍛冶屋さん サヴォンリンナンセッパ

公開日 : 2018年04月09日
最終更新 :

中心から5キロほど離れた静かな場所にこの小さな工房はあります。その名も「サヴォンリンナの鍛冶屋」(Savonlinnan Seppä)。

DSC_0560.jpg

赤と黒が印象的な建物です。近づくと、鉄を打つカンカンカンという音が心地よく耳に響きます。

オーナーはテッポ ノウシアイネンさん。明るく人懐っこい笑顔がチャーミング、いい人~という感じがあふれ出ています。

作業の様子を見せて頂きました。このときはちょうど、暖炉の火かき棒などをかけるスタンドを制作中でした。テッポさんが打ち始めると赤く熱された鉄が少しずつ美しく形を変えていきます。

DSC_0598.jpg

壁いっぱいに並ぶ道具もほとんどが彼の手作り。修行していた頃から少しずつ作って揃えたそうです。

DSC_0603.jpg

熱した鉄を打ってデザインを施した後、雪で冷やすテッポさん。煙が上がっています。

DSC_0617.jpg

彼は街の鍛冶屋さんとしてキーホルダーのような小さなものから、庭園のゲートなどの大きなものまで扱っています。テッポさんの後ろに見えるフェンスや花をかけるフックも彼の作品。熱心に作業の説明をしてくれる姿からは、この仕事を愛しているんだなあ、というのがひしひしと伝わってきます。

DSC_0621.jpg

実は彼、数年前にフィンランドではよく目にする某コーヒーメーカーのCMに出ていたこともあるんですよ。

DSC_0624.jpg

工房は彼自身がデザインし、何年もかけて少しずつ作り上げたこだわりの空間。アクセントになっている真ん中にある赤い暖炉がお気に入りだそうです。作業場に隣接するショップには作品や商品が並んでいます。

DSC_0628.jpg

天井から下がる大きな吊り下げ式キャンドルホルダーも階段の手すりも彼の作品。このキャンドルホルダーの制作にはとても時間がかかったそう。

DSC_0629.jpg

サウナの石に水をかけるためのお玉杓子や、

DSC_0630.jpg

オラヴィ城の思い出になるようなものも。

DSC_0632.jpg

商品はどれも実用的ですが、加えてデザインが芸術的。ショップの棚にはフィンランドの自然や動物をモチーフにしたものなど楽しいアイディアがいっぱい。

DSC_0635.jpg
DSC_0627.jpg

彼の作品は工房ショップの他、オラヴィ城のお土産コーナーなどでも一部販売されています。

バスターミナルから3番バスで15分ほどです。

Savonlinnan Seppä

Teppo Nousiainen

Kuusniementie 9

57600 Savonlinna

http://www.savonlinnanseppa.com/

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。