Castelvetranoでオリーブ会社視察

公開日 : 2018年03月30日
最終更新 :

今回は、シチリア産の食用オリーブ(イタリア語でolive da tavolaもしくはolive da mensa)のお話です。

シチリアのシチリアの南西部に位置するCastelvetrano(カステルヴェトラ―ノ)という街。

観光客には全く知られていないであろう、この町、実は食用オリーブの生産地として有名です。

以前、通訳のお仕事でCastelvetranoの生産者を訪れる機会がありました。

オリーブが好きの方は、「Castelvetrano(カステルヴェトラ―ノ)」と聞いただけでピンとくるんだそう。

日本にもたくさん出回っているこのカステルヴェトラ―ノの食用オリーブは、

鮮やかな緑色と、カリッとした歯ごたえが特徴のもの。

IMG_3454.jpg

上の写真の左下のオリーブが、まさに日本に良く出回っているカステルヴェトラ―ノのオリーブ。

この様な特徴は、まさにカステルヴェトラ―ノ方式と呼ばれるその加工方法にあります。

IMG_3444.jpg

それは、オリーブの渋抜きの際に苛性ソーダを加えること。

渋抜きが行われることから、甘みのあるという意味の「Dolcificate」とも呼ばれます。

この加工方法は、海外に出ているカステルヴェトラ―ノのオリーブでは一般的となっております。

一方、地元の方はこのカステルヴェトラ―ノ方式ではなく、自然なナチュラーレ方式といって渋抜きを行いません。

確かに色も自然な濃い緑色のままとなり、味も少々苦みが残るタイプとなります。

地元の人に言わせると、カステルヴェトラ―ノ式は科学的な味がするらしく、お好みじゃないそう(笑)。

IMG_3447.jpg

イタリアではワインのおつまみとして一般的な食用オリーブ。

日本でもオリーブがもっと広まっていくと良いなぁ、と思う今日この頃です。

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。