レッドブル以外にもあった!オーストリア発のナチュラルなエナジードリンク

公開日 : 2018年04月30日
最終更新 :

海外旅行をする際には、やはり現地の美味しいグルメを味わうのも楽しみの一つですよね。

そこで、オーストリアを訪れる旅行者の皆さんにぜひ試していただきたいのが、オーストリアブランドの炭酸飲料水、アルムドゥドラー。

0_33L_Dose_Original_RGB-640.png

これはアルプスのハーブを混ぜ込んだオーストリア産レモネード。

1957年にオーストリア人のエルヴィン・クライン氏が発明し、自身の結婚式で新婦に贈ったという、何ともロマンティックな逸話が残されています。

レシピの製作には3年もの年月が費やされたと言われるだけあり、味わいは独特ながらも美味。

そして、このアルムドゥドラーが他社の類似製品と趣を異にしているのは、やはり自然素材にこだわったオーストリアならではのナチュラル嗜好であると言えます。

というのも、こちらの飲料はアルプスの自然のハーブや天然カフェインを使用しているヴィーガン商品であるだけでなく、保存剤や人工香料も一切無添加というこだわりよう。

さらに同商品の根強い人気を受け、昨今ではシュガーフリープロダクトはもちろんのこと、次々と魅力的な新フレーバーが登場しています。

Almdudler-minze-640.JPG

こちらは昨年1月にレモンソーダ割り、セイヨウニワトコ・フレーバーと共に発売されたミント味の商品。ローンチ企画の一環として、一部衣料店やターミナル駅前などでも無料で配られていたので飲んでみたところ、なかなか爽やかな味わいでした。

almdudler mate&Guarana-640.jpg

さらにこちらはアルムドゥドラーブランドのエナジードリンク。

マテ&ガラナ、ショウガ&抹茶という、自然のダイナミクスを感じさせるなかなか魅力的なフレーバー展開です!

もちろんこちらもヴィーガン商品で、天然カフェインが用いられているのもポイント。

不眠症なのでカフェインは忌避しているのですが、ガラナはかなり試してみたいかも・・・。

最近、レモネードラインにラズベリーフレーバも加わったようですし、これからどのような商品が開発されていくのか、目の離せないアルムドゥドラー。

オリジナルのレモネードはオーストリア航空の機内にも搭載されていますので、ぜひリクエストして飲んでみて下さいね!

【記載内容について】

「地球の歩き方」ホームページに掲載されている情報は、ご利用の際の状況に適しているか、すべて利用者ご自身の責任で判断していただいたうえでご活用ください。

掲載情報は、できるだけ最新で正確なものを掲載するように努めています。しかし、取材後・掲載後に現地の規則や手続きなど各種情報が変更されることがあります。また解釈に見解の相違が生じることもあります。

本ホームページを利用して生じた損失や不都合などについて、弊社は一切責任を負わないものとします。

※情報修正・更新依頼はこちら

【リンク先の情報について】

「地球の歩き方」ホームページから他のウェブサイトなどへリンクをしている場合があります。

リンク先のコンテンツ情報は弊社が運営管理しているものではありません。

ご利用の際は、すべて利用者ご自身の責任で判断したうえでご活用ください。

弊社では情報の信頼性、その利用によって生じた損失や不都合などについて、一切責任を負わないものとします。